プロが教える親子就活成功のコツ

勝つ準備。社会人基礎力を把握する


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。

今年の夏は暑い日が続きますね。猛暑の夏は特に体調の維持管理が難しいですが、水分の補給をこまめにして休みをしっかりとって乗り切りましょう。

大学生は授業のある時期にはなかなか親子でゆっくり会話をする機会がないと思います。その点、夏休み期間中は、親御さんにとっては、ご子息、ご令嬢とコミュニュケーションを取る絶好のチャンスです。

なんとか時間を見つけて、一緒に家族で食事をする、どこかに出かける等、対話を試みてください。
家族との対話はとても大切な要素です。日頃のコミュニケーションが将来につながります。

時間があるようでもタイミングが合わないことも多いと思いますが、できるかできないかではありません。実際に行動するかしないかそれだけです。日時を決めて夏季休業中に積極的にコミュニケーションを試みてください。

さて、原点は「一番準備をした者が勝つ」ということ。勝つためには勝つ準備が必要です。
勝つ準備とは、自分にあった方法で、コツコツと出来ることを努力して積み重ねていくことです。

自分に合った方法で、これが大事です。

成功した先輩の話を聞くとそのまま真似すればうまくいくような気になります。
確かに、成功した人はそれなりに合理的な方法で、効果的なことをやって結果を出せたケースが
多いでしょう。なるほど、と思うことも少なくありません。

たとえば、情報収集、整理の仕方、活用の仕方、アプローチの仕方。面接での受け答え。
参考に出来るところ、自分に生かせるところは参考にしたらよいでしょう。

しかし、先輩のように真似をしてもうまくいかない人がいるのも事実です。
どうしてなのでしょうか?

成功した方法というのはあくまでその人にとってその時に有効であった方法です。それが他の人に同じように結果をもたらすことを約束するものではないのです。属人的な要素が大きく左右します。そのことは忘れてはいけません。成功した人というのは同じやり方をすればほかの人も同じようにうまくいくと思い込みがちです。その方法が万能のように感じがちです。親御さんがご自分の成功体験を押し付ける例も耳にします。

もちろん良かった点について傾向を把握することは大事です。しかし、自分にあった方法で自分にあったアプローチの仕方を早くつかむことの方が肝要です。ひとり一人準備すべき内容が違います。

一人ひとり違うということ。その違いを忘れてはいけません。年によって、企業によって傾向が違います。昨年通用したことが今年も通用するかどうかはわかりません。そもそも前提が違います。

時間をかけて正しい努力をすれば大学入試までは一定程度の結果がついてきました。過去問の傾向を調べて演習をし、基準以上の点数を出せば合格ラインはクリアできました。大学入試までならそれでも良かったかもしれません。

しかし、就活は違います。筆記試験の合格ラインはクリアする必要がありますが、筆記試験の点数以外の要素が大きく左右します。企業によっても選考で重視するポイントが異なります。

目指す企業と自分に合った対策をとる必要があります。自分の力をよく把握し、力をつけて、相手をよく知るということが大事です。

その時に特に自分の強み、弱みの傾向を、「社会人基礎力」に結びつけて把握すると効果的です。

「社会人基礎力」とは、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」のことです。

「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力(12の能力要素)から構成されており、経済産業省が2006年から提唱しているものです

社会が、企業が必要としている能力が何かを理解し、自分にその力が備わっているかを客観的に把握できると、企業が求めている人材の要素と自分の有する能力との距離感、不足の程度がわかってきます。

求められていることは、自分はこれができるということを一方的に主張することではありません。
当該企業において必要とされている能力がどの程度備わっていて、どのくらい当該会社の仕事でその能力を発揮できるのかということです。

要するに「自分はいかに組織の期待に応えられる人物」であるかを伝えるということです。

社会人として共通に必要とされていることと、個別の職種、業務で要求されることは必ずしも同じではありません。

自分の能力は一人では意外に把握しにくいものです。

そんな時お力になれるのが、「家族ぐるみで支援する1年次から始める就活」です。社会人基礎力の分析、個人に必要な要素が合理的に効率的に整理できる内容になっています。

何から始めて良いのか迷うのなら、まず、「家族ぐるみで支援する1年次から始める就活」を始めてみることをお勧めします。

具体的に何をどのように準備したら良いのか、一人ひとりにあわせた形で具体的にわかりやすく取り組めます。きっと、もっと早くから始めておけばよかったと思われることでしょう。

経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。私たちの力をぜひ活用してください。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
認定キャリア・コンサルタント
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。



コメント(0) | トラックバック(0)

人それぞれ。自分に合ったことを


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。

暑い季節でダラダラしがちですが、体調には十分気をつけて時間を大切にしたい時期ですね。
光陰矢の如し。時間だけは暑さに関係なく過ぎていきます。無理はせず、問題意識だけは強く持って前向きにいきましょう。

今回は、最近の親御さんと学生さんからの相談事例2つに答えます。

「友達は内定をもらえているのに、うちの息子はまだ内定をもらえていないのですが、今から何をすればいいでしょうか?親として何か出来ることがあれば教えてください」
親御さんからの相談です。

確かに、今年の大学4年生も早々に内々定を得ることができて、残りの大学生活を有意義に過ごせている学生さんがいる一方で、今もまだ、どこからも内々定が貰えず就活を継続している学生さんがいます。

今からでも十分にチャンスはあります。これから何が幸いするかわかりません。今まで内々定をいただけなかったことが吉と出る場合だってあります。すぐに結果が出なくても基本は信じて見守ることです。

心配のあまり余計なことをするのが一番良くありません。
ここでいう余計なこととは、親の価値観で物事を捉えて親の意見を押し付けることです。
「こうしたらいいんじゃない?」「ここは受けないの?」等、余計なことは言わないことです。

学生さん自身は自分でわかっているのです。わかっていることを重ねて親から言われることほど、怒りの感情を産み、モチベーションを下げ、ストレスになることはありません。

親として気になるとは思いますが表面的な内定の取得という現象だけに囚われてはいけません。
信じて見守ってあげてください。

早くに内定をいただけても、遅い時期にいただけても、複数社から内定をいただけても1社からしか内定をいただけなくても、最終的に行ける会社は1社ですし、ご本人に合った進路が決まればいいだけです。

大事なのは、本当の意味で自分にあった会社から内定をもらえたかどうか。時期も、タイミングも人それぞれです。不思議に自分に一番ふさわしいタイミングで内定、内々定は得られるものです。

親の取るべき態度としては、まず、他人と比較しないことです。

ご子息、ご令嬢の兄弟姉妹や友人と比較はしないことが肝要になります。比べて良いことはありません。親の焦りや不安な気持ちは子供に伝染します。

年によっても違いますし、置かれている状況は一人ひとり違うのです。比べないでください。
人と比較せずにちゃんと見てあげてください。

次に、話をしっかり聴いてあげてください。
不安な気持ちを受け止めてあげてください。そっと心の支えになってあげることです。

そして「大丈夫」「あなたならできるよ」といった心の安定と希望につながる元気が出る言葉を、その時の状況に合わせて、よく選んでかけてあげてください。

まだこれからです。今は信じて見守ること。


他方、大学2年生の学生さんから「残りの夏休み中に何をしておいたら良いですか?」という質問がありました。

人によって異なるので、人それぞれですが、肝心なのは学生生活を充実させることでしょう。旅行でもアルバイトでもいいと思います。業界研究をするのもいいでしょう。要は、今の自分には何が必要かをよく考えて、行動することです。

経団連に加盟の企業、足並みをそろえる企業は2016年度入社の新卒採用から、大学3年生の3月から会社説明会等を開始、4年生の8月1日から企業の選考活動が開始となる予定になっています。

今までより3~4ヶ月後ろ倒しの日程です。この趣旨は、早期から就職活動に振り回されることなく、学生さんの本分である学業に打ち込んだり、大学生活をより充実して過ごしたりするための時間が多くなるようにということにあります。

この間、どのように過ごすかとても大事になってきます。どんな学生時代を過ごして来たのかは、どこの企業でも必ず聞かれることだからです。

何かに真剣に打ち込んだ、自分の頭で考えて行動した。そんな時間が過ごせるといいですね。自分の言葉で、経験や体験を話せるようになるからです。

毎回繰り返しますが、準備が出来ることは早めに準備するにこしたことはありません。
しかし、準備というのは何も特別なことをすることだけが準備ではありません。学業に専念するのも準備です。

今年の学生さんからの内々定の報告を聞いていても、やはり、意識の高い学生さんは早くからできることに着手して望む結果を得られているケースが多いと感じます。

家族とコミュニケーションが良く取れている学生さんも概ね良い結果を出しやすい傾向があるように感じます。

そこで、何をどのように準備したら良いのか、ノウハウは用意できています。早期に決断をして行動するかしないかだけです。不安な気持ちを解消できるのが、プロフェッショナル・キャリアカウンセラーです。ぜひ早めにご相談ください。

経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。私たちの力をぜひ活用してください。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
認定キャリア・コンサルタント
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。



コメント(0) | トラックバック(0)

準備の大切さとあきらめないこと



皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。

本格的な暑い季節になりました。
冷房に当たりすぎて体調を崩さないように気をつけたい時期ですね。
早起きして朝の比較的涼しい時間に集中して物事に取り組むのも効果的なやり方かと思います。

前回は「準備をする」ことの意味について考えてみました。

何のためにやるのか、なぜやるのかはいつも忘れないで頭に置いておいて欲しいことです。
目的意識を明確に持って、目的にかなった準備をする。必要な準備ができれば希望は叶う確率が高くなるからです。

何度も繰り返しますが、準備が出来ることは早めに準備するにこしたことはありません。
大学1年次から始められるのなら1年次から。2年次から始められるのなら2年次から。3年次からでも、とにかく早く着手することです。ほんの少しの差が、気がつけば大きな差になっています。

何をどのように準備するのか、そのためのノウハウは用意ができています。
ぜひ早めにご相談ください。やるかやらないかだけです。

他方、現在、4年生でまだ内定が取れていないと言う学生さんやその親御さん、準備が十分間に合わなかった、出遅れたという方がいたとしても、最後まであきらめてはいけません。

今回は昨年の秋に受けた相談事例をひとつご紹介します。

私立大4年生A君。就活にあまり積極的に取り組めず、内定が取れずに11月まで来てしまった。まだ就職先が決まっていない。見通しが立たない。どうしたらいいか、という親御さんからのご相談でした。

問題点は、2つありました。

一つは、A君自身が本気になれず、自分が何をやりたいのか、どうしたらいいのかわからないままなんとなく来てしまったということでした。誰にも相談せずエントリーは数社しかしていない。
いずれも落とされた。友人たちは内定をもらえたのに自分だけが内定を貰えないまま焦りだけが募っていったようでした。

もう一つは、親子間のコミュニケーションがうまく取れていないことでした。親御さんがおっしゃるには、「親の言うことは聞かない、聞けない子である。どのような状況になっているかよくわからない。親から見て頑張っているように見えないし、特に取り柄があるとも思えないので内定が取れると思えない。どうしたらよいか。」というものでした。

親が何か言えば言うほど意固地になる。A君は親御さんの忠告にまったく聞く耳を持たないようでした。親御さんが心配のあまりさらにいろいろ言うので親子関係がこじれていました。
しかも、卒業までの期間を考えると親子間のコミュニケーションの問題をゆっくり解決している時間がないケースでした。

お話を伺っているうちに、A君のお母様の姉妹に、A君とコミュニケーションが取れる、A君が信頼している叔母さんがいることがわかりました。そこで、その叔母さんに間に入ってもらいA君の話を直接聞いてもらうことにしました。根本に親に対する反発があることがわかりました。

そこで、親御さんは一切タッチせず、終始その叔母さんに関与してもらうようにして、エントリーシートの提出から、課題作成、面接の練習までこの叔母さん夫婦に相談に乗ってもらい、面倒を見てもらうことにしました。不思議なことに、これが功を奏しました。良いきっかけになりました。

また、親御さんはA君にあまり取り柄がないとおっしゃっていましたが、叔母さんによれば、A君には「元気の良さ」や「礼儀正しい」という良いところがあるということでした。家族より他人から見たほうが、評価される良さがわかる場合もあります。


就活の終盤の時期には、多くの会社にエントリーをして落とされ続けて、心身ともに疲れ切っている学生さんが残っています。そのような学生さんが多い中での勝負になると、「元気の良さ」をアピールできるだけで勝負になることがあります。

叔母さんに、「この時期は疲れ切った学生しか残っていないから、「元気の良さ」で印象を上げることで勝負すれば勝ち目は出てくる。A君には受け答えをハキハキとして「元気の良さ」で勝負するように伝えて欲しい」旨お話しました。

A君はエントリーをたくさんしてこなかったおかげで、落とされた回数も少なく疲れ切っていませんでした。そのことが逆に幸いしました。親子関係が悪く親には相談できず、人にも頼らなかったため適切な行動できなかった点はありますが、A君は叔母さんの話なら聞けたようでした。気持ちを切り替え前向きに頑張ることができたようです。

そして最終的にA君は流通関係の会社から内定をいただくことができたのです。関係性の悪い親御さんが関与すると言葉の一つ一つがストレートすぎてかえって反発を強めてしまうところ、親御さんが関与せず、信頼できる人物を探して間に入ってもらう方法で解決できた事例でした。

このように問題を抱えていても、ギリギリで頑張っても、なんとかなる場合もあります。

しかし、もし早くから準備しておけばここまで苦労せずに、大学4年生の貴重な時間を有意義に他のやりたいことに使うことができたと考えられるケースでした。

準備が遅れた、思うような準備ができなかった。親子の関係がギクシャクしている。
そんな時でも最後まであきらめてはいけません。困ったピンチの時にお力になれるのがまさに、プロフェッショナル・キャリアカウンセラーです。

経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。私たちの力をぜひ活用してください。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
認定キャリア・コンサルタント
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。


コメント(0) | トラックバック(0)

人脈の有効活用


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。

鬱陶しい梅雨の季節ですが、雨が降る時期は植物や樹木が成長する大切な期間です
物事はものの見方、捉え方一つで変わってきます。プラスに物事を見られるといいですね。

これまで親が具体的にできる主なこととして以下の5つをあげてきました。

1.現在の就活の状況を冷静に理解する
2.親の職業観、仕事観を伝える
3.可能な範囲で経済的なサポートをする
4.人脈を有効活用する
5.信じて見守る


前回は、特に、5.について少し深く掘り下げてみてみました。
「親のできることは意外に少ない?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

実際、就活生を持った経験のある親御さんの感想で多いのが「できることは少ないと感じた」「思ったよりやることがなかった」という感想です。

確かに、会社説明会がスタートするような直前期には親が出来ることは少なくなります。企業との関係で具体的な就活がスタートしたら、基本は「信じて見守る」ことです。

その時期に余計なことをすれば就活生のストレスを増やし、ときには内定を遠ざけてしまいます。
子供の貴重な成長の機会を奪うことにもなりかねません。お子さんとの適切な距離を保つことに留意してください。

しかし、遡ってみれば、そこにたどり着くまでに実は相当な時間があります。
「就活は、一番力のある者ではなく、一番準備した者が勝つ」のです。準備の段階で親ができることは少なくはありません。

親だからできることの有力な一つが人脈の活用です。子供にはない、人生経験、人脈が役に立ちます。今回はその、4.人脈の有効活用について取り上げます。

就活生自身の人脈ももちろんですが、ここでは特に、親御さんの就職に有効に活用できる人脈、いわゆる「コネ」をどう使うか、に焦点を当てます。「コネ」という言葉に抵抗がある方がいらっしゃるかもしれませんが、立派な手段です。引け目を感じることはありません。

企業も人と人との信頼関係で成り立っています。全く知らない人間よりは何らかの形で誰かとつながっている人の方を信じたくなるのが普通です。人の紹介は有力な手段になります。縁故採用というのは企業の有効な人材確保の手段として存在します。

前提として、誰かの紹介の場合、紹介する側の人もある程度の相手との信頼関係がなければ紹介はできません。紹介者自身の信用に関わるからです

では、人脈をどのように活用するのが良いのでしょう?「コネ」にもつながりの程度により様々なレベルのものがあります。大きく分けて2つの活用が考えられます

1.まず、有用な情報を得るための活用です。

顔見知り程度、直接話をしたことがある程度で、相手も直接採用に関与していない人脈の場合は、相手と連絡を取り、訪問をして業界や仕事の話を直接聞かせてもらうことができます。

また、さらにより詳しい関係者、より直接的に影響のある人を新たに紹介してもらうといった利用方法が考えられます。

当事者から実際のその会社の生の情報が得られる点で有用です。また顔をつないで知ってもらうという意味でも有意義です。さらに、会社研究に役立ちますし、具体的に実情を知ることができます。

親御さんが、お子さんが就職を希望する会社に、このような人脈をお持ちの場合には、お子さんの確認を取ったうえで、紹介して有効に活用しましょう。もちろん間に入って協力してくださる方への配慮は忘れずに行うことは必要です。

2.次に、内定を得るための活用です。

親御さんがご友人その他、企業の役員、採用担当責任者等、その「コネ」の利用で内々定、内定まで直結するような有力な人脈をお持ちの場合があります。この場合も情報を得る目的で利用することに留める場合もあります。

しかし、有力な人脈をお持ちの場合は内定に結びつけることに行き着くでしょう。

内定に直結させる場合には特に注意が必要です。「コネ」を利用するかどうか親子でよく話し合ってよく考える必要があります。話すときは前回お伝えした注意事項をよく守ってください。

「コネ」に頼るということは、安心と引き換えに、お子さんが自分の頭で考えて行動できる、自分自身を大きく成長させるチャンスをそこで一度止めてしまうことになります。取捨選択の結果、その時点で多くの選択肢の中から1つに絞ることになります。

また、どんな場合でも100%確実ということはないため、確定するまで不安な時間を過ごすことにもなります。同時並行でコネを利用しない就職活動は継続しておく必要があります。

一番問題になるのは、コネを利用したにも関わらず、その会社に就職しないことになった、
あるいは、就職しても直ぐに退職してしまう場合です。断ることになった場合、相手に多大な迷惑がかかります。覚悟が必要です。熟慮が求められます。

それでは、人脈活用のために何ができるか。最初にできることは親御さんの人脈のリストアップです。まず、人脈のリストアップから始めてみませんか。

人脈リストのつくり方をお知りになりたい方に、具体的なノウハウをお伝えできます。そんな親御さんのお役に立てるのがプロフェッショナル・キャリアカウンセラーです。

経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。私たちの力をぜひ活用してください。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
認定キャリア・コンサルタント
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。


コメント(0) | トラックバック(0)

親ができること 2


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。

緑が美しい、落ち着いたしのぎやすい季節になってきました。

前回、親ができることというのは一体どういうことなのか、注意すべき点は何かについてお伝えしましたが、もう少し深く掘り下げてみてみましょう。親の関わり方でより良い結果を導き出すことが可能だからです。

親が具体的にできる主なこととして以下の5つをあげました。

1.現在の就活の状況を冷静に理解する
2.親の職業観、仕事観を伝える
3.可能な範囲で経済的なサポートをする
4.人脈を有効活用する
5.信じて見守る


1.現在の就活の状況は、インターネットや雑誌書籍等で調べたり、直接人に聞いたり、情報を入手し理解することは難しくないと思います。就活生の置かれている状況やどのような手順を踏んで、何をしなければならないのか、一連の過程でどんな苦労があるのか、理解しておきましょう。

2.親の職業観や仕事感を話すことも、そのタイミングと話し方、言葉の選択には注意が必要ですが、機会を作って比較的実現しやすい事柄と言えるでしょう。

3.ですが、就活は、特にお金がかかります。会社説明会や試験の度に出かける交通費をはじめ、スーツや備品、その他、必要な範囲で、金銭的な援助は是非してあげてください。

何でもお金をかければいいというものではありませんが、必要なことにお金を惜しんでも仕方ありません。気をつけることは、お金を出すと同時に余計な口出しをしないということです。

親としてはついつい自分の思いを直接ぶつけてしまいがちですが、ご子息、ご令嬢を信じてください。かけたお金は将来きっと返ってきます。

逆に、ご本人が援助を望まない場合には何もしないでください。

4.の人脈の有効活用ですが、社会は信頼関係で成り立っています。
人脈を活用しない手はありません。

人脈の活用は大きなテーマであり、重要なことですので詳細は次回以降に譲ります。

さて、この中で一番大切で、一番難しいのが「5.信じて見守る」ということです。
そこで、最後に5.について少し焦点を当ててみます。

「信じて見守る」実はこれが最も大事です。
就活がスタートしたら、求められない限りお子さんを信じて見守ってください。

ついつい、いろいろ助言をしたくなりますが、余計なことは言わない、余計なことはしないと決めて見守ってください。

自分の頭で考えて行動できること。多くの企業で求められている社会人としての要件です。
親に言われたから、親の意向だからやるのではありません。ご本人に任せてください。

就活は自分の頭で考えて行動できる、自分自身を大きく成長させるチャンスです。どのような結果が待ち受けていても、人生にとって有用なプラスの出来事が連続して経験できる貴重な機会です。

そこで、前提になるのが親子での対話です。親御さんがご子息、ご令嬢に言葉をかけるときは、タイミングとかける言葉に注意してください。

親御さんにとっては些細なこと、当たり前のことに思われるかもしれませんが、親の言葉で傷つき、自信を失くして苦しんでいる就活生は少なくありません。就活生のストレスの大きな要因の一つになっています。

最初に、話をしやすい環境を作ってください。他のことをしながらではなく、落ち着いて話せる状況を確保してください。まず顔を見て、ご子息、ご令嬢の話をしっかり聞いてあげてください。

最後まで口を挟まずにちゃんと話を聞いてあげてください。話し終わるまでに口を挟んでしまう親御さんが実に多いことに気がつきます。

自分勝手に「要するに~こういうこと?」と要約をしないで言葉を受け止めてあげてください。ご本人の思いには要約では伝わらない大事なニュアンスが隠れています。

事実をしっかりと受け止めて、ご子息、ご令嬢の存在をしっかり認めてあげてください。
行動や取り組みの姿勢を褒めてあげてください。

この親の接し方次第でご子息、ご令嬢の態度が良い方向に変わります。
きっと良い結果に結びつきます。

判断がつかない時にはプロの力を借りるのが一番です。その時にお力になれるのがまさに、プロフェッショナル・キャリアカウンセラーです。

経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。私たちの力をぜひ活用してください。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
認定キャリア・コンサルタント
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。


コメント(0) | トラックバック(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25

カレンダー

<< 2017年 11月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

カテゴリ別アーカイブ

最新のコメント

月別アーカイブ