プロが教える親子就活成功のコツ

発想を変えてみる


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。

4月。新生活のスタートが始まって少し立ちました。
春先は寒暖の変化が激しく、暖かくなってはきましたが体調など崩されていませんか。

健康がすべての基本です。体調の維持管理にも十分留意してください。

採用の状況としては、国の昨年度のデータを見てみると、やはりここ数年では内定率も数も一番良かったようです。早い時期からの内定率の高さと、内定者数の増加が動向の良さを示しています。

景気の回復傾向に合わせて、全体的に間違いなく採用数も伸びています。今年もチャンスの年です。
希望を持って前向きに行きましょう。

しかし、採用数が多くなったからといって、内定の獲得が容易になったことは意味しません。
企業は、要求水準を満たしていない場合、採用予定数に満たなくとも採用しない傾向を見せています。

人材が必要だからと企業はただ闇雲に人を集めているわけではないのです。
その会社の文化、風土に合った伸びしろのある人を、質を重視する傾向が感じられます。

できれば、その会社の社員の生の声を聞けるとより良いですが、企業がどのような人材を求めているのかよく企業研究を行ってください。

就活全般に言えることなのですが、成功体験から学ぶことはもちろん大事です。
他方で、成功体験からエッセンスを探ることのほかに、失敗体験から何を学ぶかという視点も大事です。

人は同じ過ちを何度も繰り返します。
なぜうまく行かなかったのか?原因はいろいろあると思います。
原因を分析して活かす。一つの王道のやり方です。

一方で、何をしたから成功したか、ではなく、何をしなかったからうまくいったのか?と
時に発想を変えてみることも必要です。

成功するために何をしなければいけないかではなく、成功するために何をしないか。
成功に必要のない余計なことをしないこと。余計なことをしないという発想です。

例えば、親がしてはいけない余計なことを考えてみます。

1.子供の代わり会社に直接接触、交渉する
2.自分の体験を押し付ける
3.価値観全般を押し付ける
4.過干渉
5.人格を否定するかのような言葉の投げつけをする

親御さんは、自分ではそのつもりがなくても、いつの間にか上記のような言動をとってしまっていることがあります。過度な関わりは良い結果を生みません。

そこから、逆にしてよいことを考えます。

1.子供を信じて見守る
2.現在の就活についてよく調べ現状を知る
3.仕事観を押しつけがないように語る
4.コミュニケーション十分に取る 親子でよく会話をする
5.御子息、ご令嬢の良いところをよく見て良さを伝える

このように逆から考えてみたり、いつもと違う発想で行動してみたりするということは大事です。大きなヒントになり、何かの助けになるでしょう。

迷ったら、ぜひ、私たちプロフェッショナル・キャリアカウンセラーに相談してみてください。
様々な視点からその人にあったカウンセリングができます。きっと光が見えてきます。

経験と実績、私たち「」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。
・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。

<スカイプでも相談できます>
遠隔地の方、お忙しい方は、スカイプを使って、いつでもご相談できます。
料金:1時間 3,000円 (事前決済)
お申し込みは、info@cb-tokyo.co.jp まで



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
認定キャリア・コンサルタント
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。



コメント(0) | トラックバック(0)

人の体験


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。

桜の季節になりました。街は新しい希望に満ち溢れていますね。
春の暖かな前向きな気持ちで、希望を持って明るくいきましょう。

企業も過去最高の水準で業績が向上している会社が増えており、意欲的な採用が見込まれています。就活を全般的に見れば大いに希望が持てる年です。

現在就活中の学生さんから、「昨年内定を取った先輩の体験を聞く会に参加した。OB・OGの先輩から参考になるアドバイスを受けた、自分も頑張っていけるような気がした。」という声を聞きました。

プラスの前向きなエネルギーを受けて、希望を持って前進できることは素晴らしいことです。
活かせるところは有効に活かしていただければと思います。

もっとも、注意しなければいけないことがひとつあります。

なぜか、就活の終盤になると、「おかしい、先輩のやり方を取り入れてやってみたけどうまくいかない、方法論は正しいはずなのにどうしてなのだろう・・・」という学生さんに遭遇します。

なぜでしょう?
方法が上手く再現できていなかったからでしょうか?

人から聞いた体験談や本に書いてある成功例は、あくまでも「人の体験」です。
あなたとは違う「人の体験」です。親御さんの成功体験も親御さんの体験です。

その成功体験が多くの人にそのまま当てはまれば、その経験を真似すれば良いのですが、多くの場合、実はそのままあてはまらないことが多いのです。

「知らなかった。こんなうまい方法があるんだ。これを真似すればいいや」と深く考えず安易に飛びついて多くの人は失敗します。

成功した要素を掴むことはもちろん大事です。合理的な方法はうまくいく確率を高めます。
それにも関わらず良いとこ取りをしてもうまくいかいなことが多いのはなぜでしょうか?

置かれている環境、それまで過ごしてきた過程、能力、使える時間、みんな違います。
方法を実践する前提が異なっているのです。そこまでに積み上げてきているものが違うと同じことをしても同じようにはいかない場合がある。そのことを忘れないことです。

加えて、人それぞれ性格も違います。

たとえば、日々コツコツ努力できる人が成し遂げられる方法論を、飽きっぽい性格の人がそのまま真似をしたとします。

性格的に飽きやすいことが考慮されていないのでせっかくのいい方法論も継続できずに、結果が出る前に続かなくなって挫折します。

どんなに良い方法と思っても実践、継続できないやり方は自分に合っていないということです。
自分にあったやり方というのが必ずあります。よく見極めることです。

人の話した言葉はひとが考えたもの。同じこと話すにも自分の言葉の方がしっくりくるはずです

何のために自己分析をしていますか?自分を知るのは易しいと思えましたか?
自分より外部から見たほうが冷静によく分かることがあります。

自分にあったやり方を探してください。自分にあったやり方で挑戦してください。
そんなときにお役に立てるのがプロフェッショナル・キャリアカウンセラーです。

プロの目線で的確なアドバイスができます。

経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。

<スカイプでも相談できます>
遠隔地の方、お忙しい方は、スカイプを使って、いつでもご相談できます。
料金:1時間 3,000円 (事前決済)
お申し込みは、info@cb-tokyo.co.jp まで



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
認定キャリア・コンサルタント
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。



コメント(0) | トラックバック(0)

会社説明会


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。

春ですね。
予想通り花粉の飛散量が今年は多いようです。

花粉症の人はこの1ヶ月は辛抱ですが、マスク、手洗い、うがい、外出先から戻ったら花粉を払い落とす、薬の服用など、出来ることはやって乗り切っていきましょう。

耳鼻咽喉科にいく、薬を飲む、は有効な手段ですが、就活生は薬の服用により眠くなる場合があることに注意してください。肝心な場面で居眠りをしないように気をつけてください。

会社説明会が始まりました。
街で、リクルートスーツ姿の学生さんを見かける機会が多くなっています。

学生さんは遠慮なく積極的にどんどん切り込んでいきましょう。
会社説明会に参加する際に意識して欲しいポイントは以下の3つです。

1.真に自分に合った企業を本気で探す

2.問題意識を持って現場に行く。自分の目で、肌でしっかり確かめる。

3.社員に生の声を聞く

まず、1ですが、企業の側は本気で人材を必要としています。本気で準備をしています。
いい加減な、「まあ、行けばどうにかなるさ」という気持ちでははじかれます。

裏側の話をすれば、この時期の採用担当者というのは睡眠を大幅に削って、準備に時間をかけて真剣に会社説明会に挑んでいます。
本気で人材が欲しいからです。

学生さんは本気で体当りしてください。選考の時期もそうですが、採用担当者は寿命を削る位の覚悟で準備をしてみなさんをお迎えしています。

まだ、志望が絞り込めておらず、どうしていいかわからないという学生さんは、会社説明会に幅広く参加して少しずつ絞り込んでいくと良いと思います。多くの企業の話を聞くことで見えてくるものがあるはずです

ある程度の数の企業にアタック、チャレンジする必要はあります。
行動しないことには始まりませんし、可能性が出ません。その意味では、多くの企業にアクセスすることは必要です。

しかし、あこがれだけでとりあえず人気企業にエントリーすることや、行く気のない企業に多大なエネルギ-と時間を費やす余裕はありません。自分に合っているかを常に意識してください。
取捨選択が必要です。

余計なことをやるから余計に疲れるのです。時間が無駄になり結果も出にくくなります。本来は必要のない余計なことを減らして必要なことにどれだけ集中できるかが大事です。

どこまでが必要で、どれが余計なことかを自分で見極めることはなかなか難しいので、その時に、自分以外の人たちの客観的な意見や忠告が生きてきます

不安と戦いながら進むのはみんな同じです。
特にキャリアカウンセラーなどの専門家の見方を参考に出来るとよいでしょう。遠慮なく相談してください。

また逆に、自分に関心がある企業に焦点を絞るのは良いのですが、同時に企業を絞り込みすぎてハードルが上がり、難関企業ばかりを受験することになるのもよくありません。

景気の上向きとともに求人の件数が多く、いくら売り手市場だからといって楽になるなどということはありません。競争ですから大変なことには変わりありません。

その時の一つのヒントとして、消費者をターゲットにするBtoCの企業ばかりでなく、企業をターゲットにする BtoBの企業にも幅広く目を向けると良いでしょう。選択肢を広く持つことは助けになります。

次に、2ですが、会社説明会では、企業の概要は把握することができます。

効果的なのはどこの企業の、何を特に知りたいのか。事前に整理しておくことです。
何よりその企業ではどんな人がどんな説明をしてくれたのか肌で実感として感じることが大事です。社員がその会社の雰囲気を醸し出しています。

毎年、給与や勤務条件だけで選んで希望が叶ったつもりでいても短期間で退職してしまう人たちが存在します。早期退職の原因は、給与等よりも人間関係や職場の雰囲気、日々の業務遂行などに起因するものが少なくありません。

社風をはじめそこで働いている人たちがいきいきと楽しそうに働いているのかといったこともとても大事な要素です。自分の目で見て感じ取ってください。

会社説明会で前面に出てくる担当者の人たちは、説明の上手な優秀な社員であることが多いです。その企業の良い面ばかりが印象に残りやすくなります。

残念ながら、会社の仕事の実際の姿や本当の苦労は説明会では十分にはわかりません。
そこで、3ですが、本当の話は当該企業の別の社員に個別の話を聞くのが一番です。

会社説明会の担当者の話だけを鵜呑みにしないでOB・OG訪問をして個別に聞いてください。

働くのは誰でもないあなたです。行動するのもあなたです。
親でも友人でもありません。自分にしかわからないこともあるでしょう。

行動していくうちにだんだん見えてきます。自分と相性の合う会社がわかってきます。

経験がものをいいます。不安な点はプロフェッショナル・キャリアカウンセラーである我々にぜひ相談してください。適切なアドバイスを行うことができます。

経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。

<スカイプでも相談できます>
遠隔地の方、お忙しい方は、スカイプを使って、いつでもご相談できます。
料金:1時間 3,000円 (事前決済)
お申し込みは、info@cb-tokyo.co.jp まで



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
認定キャリア・コンサルタント
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。



コメント(0) | トラックバック(0)

他人が気になる


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。

寒さの中にも春の気配を少しずつ感じる季節になってきました。
差し込む光が春の光ですね。同時に花粉も飛び始めているようです。

今年は花粉の量が昨年の2倍と予想されています。花粉症の人は早めの対策を。

今回は先にご案内からです。

プロフェッショナル・キャリアカウンセラーへの相談は直接面会をして行うばかりでなく、みなさんのご都合の宜しいときに「スカイプ」でご相談にのることができます。

スカイプとは、マイクロソフト社が提供するインターネット電話サービスのことです。ネット回線を利用して、マイクを使って話したり、ビデオ通話やチャットを楽しんだりすることができます。最低限必要なものはパソコンです。パソコンがあればできます。

忙しくてなかなか時間が取れない、遠方にいるため出かけていくだけで、時間がかかり、交通費もかかる、出かけていけないけれど話を聞いてみたい、という方はぜひスカイプでの相談をお試しください。ご自宅にて、ご都合のいい時間に利用できます。スカイプの使い方自体もお知らせします。ご安心ください。

人に相談してみるというのは解決の大きな第一歩になります。
迷っているなら、ます行動です。

学生さんの就活相談にのっていると様々な質問や相談を受けるわけですが、他の人のやることが気になって仕方がないという人たちが少なくありません。これは親御さん、特にお母さんにもよく見られます。

「みなさんはどうなさっているのでしょうか?」とか、「友人のお子さんが就活塾に行っているようなのですけれどもうちの子も行かせたほうが良いでしょうか?」など、他人との比較で決めようとされる方が少なくありません。

確かに、ほかの人の動向が気になる気持ちは良くわかります。みなさん不安を抱えていらっしゃるのは一緒です。焦る気持ちも良く理解できます。また、情報という意味で他者の動向を知っておくということも大事なことです。

「うちの子は強制的にやらせないとやらない子なんです。」そうおっしゃる親御さんもいます。
強制の契機というのは十分な始めるきっかけにはなります。

しかし、就活は義務教育ではありません。これから社会に出ていくために自分の進路を決める重大な選択の場面なのです。人がやるから自分もやるのではありません。人から言われたからやる事柄ではありません。

例えば、本人が望んでいないのに、いやいや、渋々、塾に行かせて効果が上がると思いますか?

かつて、お金をかけて塾に行かせたのに・・・ということはありませんでしたか?正しいことをしているつもりでも希望通りの結果が出なかったことはありませんでしたか?

もし、中学、高校、大学受験の過程でご子息、ご令嬢を進学塾に通学させた経験のある親御さんであれば心当たりがある方もいらっしゃると思います。

望み通りの結果が出ない場合があるのはなぜでしょうか?

いろいろな要素があるのは事実ですが、受験に必要なことをやるという塾という方向性だけが合っていても、他の要素が伴わずに本人の力が十分に引き出せていなかった可能性があります。

そもそも、本人は親に言われたから行っているとか、本人が塾に馴染めないとか、個別指導の教員との相性がかみ合わないといったことでも力が減殺されるような気がします。

私は、本人のやる気、方向性の正しい努力、量(時間)これらがうまくかみ合って初めて結果が出る気がしています。特に、本人の意思、やる気が重要だと感じています。

本人が自覚してやりたいという強い希望が有り、足りない所を補うのにそのことが必要であれば必要な手段を取るのは構わないと思います。

人それぞれ置かれている環境も能力も違います。やり方も人それぞれ違います。
いかに自分にあったやり方を見つけ、そのふさわしいやり方で能力を引き出すか。

他人との比較ではありません。他人は基準になりません。本人にとって必要なことで、合っていることなのかどうかが大事です。

その上で、初めて、例えば、その就活塾が本当に必要で役に立つのかということです。ただ行けば行かせれば、なんとかなるというものではありません。

それはご本人が本当に望んでいることですか?
他人との比較で親の価値観を押し付けていませんか?

迷う時には、プロフェッショナル・キャリアカウンセラーである我々にぜひ相談してください。適切なアドバイスを行うことができます。まずは相談してみてください。

経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。

<スカイプでも相談できます>
遠隔地の方、お忙しい方は、スカイプを使って、いつでもご相談できます。
料金:1時間 3,000円 (事前決済)
お申し込みは、info@cb-tokyo.co.jp まで



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
認定キャリア・コンサルタント
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。



コメント(0) | トラックバック(0)

捨てる勇気と信じる勇気


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。

大学3年生の皆さんには大切な試練の時がやってきました。さあ、希望への道のりスタートです。
勇気を持って頑張っていきましょう。

まだ経験していない未知の世界への突入です。不安や迷いがあるのはみんな同じです。高校受験、大学受験とは違う、新たに自分で道を切り開いていく時が来ました。希望の道です。

ご父兄の皆さんは本人以上に落ち着かない時期を過ごす事になるかもしれません。
何度も繰り返していますが、採用の選考がスタートしたら、親は、信じて見守ることです。

不安や迷いは何かにすがりたくなる気持ちを生み出します。
身近に参考になるふさわしい事例があれば良いのですが、そうとは限りません。

人は人。先輩の成功事例はあくまでサンプルのひとつに過ぎません。学生さんにとっては自分に合うところは取り入れて、自分に合わないやり方は思い切って捨てる勇気が必要です。

企業の選択も同じです。いくら複数受験しておかなければ可能性が出ないとしても、最終的に行ける会社は1社です。チャレンジする勇気と同じくらい捨てる勇気が大事です。

どちらにすべきか、何を捨てるか最後まで決められずに複数掛け持ちしていて、中途半端な気持ちのまま突入して最後の最後に大きな決断を迫られるケースに遭遇します。

自分の希望と親の意向と、友人たちの動向といろいろ気になることが増えてきて、学生さんは判断に迷う場面があると思います。

学生さんにとっては自分の頭で考えて、自分で何を選択するかに向き合う成長する大事な機会です。

最終的に意思決定するのは親でも知人でもほかの誰でもなく学生さん自身です。
決断したらもう流れに任せて迷わない。突き進む。親御さんはその決断を支持してあげてください。

学生さん自身は、常に、冷静になった時に本当に自分に必要か?自分に合っているかをよく考えてください。

置かれている状況は一人一人違うのです。全体の流れの中で自分を見失わないように、友人たちとは適切な距離を取ってみましょう。友人が何社に応募したかという数字に惑わされないことです。

人生万事塞翁が馬ということわざがあります。何が幸いするか後になってみないとわかりません。
人と比べないこと。兄弟姉妹と比較しないこと。主人公はひとりひとりの学生さんです。

一般的な流れの一つの例として、まずは会社説明会への参加。そして、エントリーシートの提出、筆記試験、面接という段階で順に進みます。学生さんは順番にしっかり準備をして臨みましょう。

有名大学以外やその企業に採用実績がない大学の学生さんは「エントリーシートは足切りの要素として、よく読まれずに捨てられてしまうのではないか?」という不安の声を聞きます。

エントリーシートの扱いは企業によりさまざまなのが実情です。企業により異なり、扱いは一通りではありません。

最終選考まで、社長が最後までじっくり目を通す場合から、担当レベルで本当にサラっと読まれてマイナス部分があるとそれだけで読まれずに終わりになってしまう場合があります。


疑心暗鬼にならずに自分を信じること。ちゃんと見てくれる企業はあります。信じる勇気。
経験をすればするほど感覚がわかって良くなってきます。気持ちが割り切れると頑張れます。

実際、エントリーシートの段階で足切りにあうと虚しさや悔しさが募るものですが、その一事だけを持って全体を決めつけてはいけません。

企業は不採用の理由を公表しないので原因が分かりにくいのですが、企業のせいにせず、自分に原因があると思って冷静になりましょう。

足切りという事実に良いも悪いもありません。自分の気持ちの持ち方、受け止め方次第です。
気持ちを切り替えて落ち着いて次にトライしましょう。

納得が行かなければ「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」にぜひ相談してください。
次に進める元気を取り戻せるでしょう。

いずれにせよエントリーシートは書面審査のそのものです。念入りに手を抜かずにしっかり作成しましょう。何度も読み直しをして、ほかの人に読んでもらい違和感がないか確認しておくとよいでしょう。

学生さんは親がどっしり落ち着いて見守ることで安心して取り組めます。

親子間で良好なコミュニケーションが取れていて、学生さんから必要とされれば、書類のチェックは親御さんが力になれる場面でもあります。そのときは力になってあげてください。

たとえば、主語と述語がきちんと対応していますか?誤字脱字はありませんか?
そんな当たり前のところで案外差がついています。

不安な時は私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の力を是非活用してください。
早く手を打つことが大事です。

経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。

<スカイプでも相談できます>
遠隔地の方、お忙しい方は、スカイプを使って、いつでもご相談できます。
料金:1時間 3,000円 (事前決済)
お申し込みは、info@cb-tokyo.co.jp まで



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
認定キャリア・コンサルタント
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。



コメント(0) | トラックバック(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24

カレンダー

<< 2017年 6月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

カテゴリ別アーカイブ

最新のコメント

月別アーカイブ