プロが教える親子就活成功のコツ

時間に余裕を持って行動する


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。
明るい日差しが降り注ぐ良い気候の良い季節になってきました。
行動する人に道は開けます。積極的に動いていきましょう。
就職活動が忙しくなってくると企業にアクセスする場合や、情報収集の場合など、外出する機会は必然的に増えてきます。就職活動の費用で一番比率を占めるのが交通費です。
2016年度卒業者の就職活動の費用についてみてみますと、平均活動費用が162,902円、そのうち交通費が75,309円と全体の46%、約半分を占めます(日経就職ナビ2016 就職活動モニター調査より)
また、学生さんの就職活動費は親御さんが全額出している場合(50,5%)が過半数を占めます。
学生さんが自分で工面した場合(33,7%)を上回ります。(同上の調査より)
親への経済的依存度が高まっている中で交通費の負担というのも見逃せない問題です。
何か工夫できないかを少し考えてみます。
会社説明会、各種試験、会社での面談、OB・OGとの懇談会など企業や外部の人との接触機会が増大する中での移動に必要な費用だけに仕方ないとも言えますが、工夫の余地はあります。
公共交通機関を使って移動するのが一般的で、大抵は、問題はありません。しかし、時間に遅れないために、雨天などのためにタクシーを使用する、場合によっては疲労を避けるためにグリーン車や指定車を上手く使うこともあると思います。タクシー代も回数が重なれば金額が高額になります。
電車は学割の定期が使える区間であれば助かりますが、一日に何ヶ所も回らなければならない時には、1日乗車券の利用や、効率的に回るルートを検討し、バスの利用などでも費用を安くすることができます。
例えば、都バスでは、PASMO、Suicaを使って都バスから都バスへ乗り継ぐときに、運賃精算時から90分以内に次の運賃精算をした場合、大人100円が自動的に割引かれます。
乗り継ぎ1回だけですが200円×2回=400円かかると思っていたら300円で済むということがあるわけです。さらに、地域を巡るコミュニティバスは1回100円で利用できるものがあります。知っているか知らないかで交通費を安くできる場合があります。
バス利用のデメリットがあるとすると、交通渋滞でかかる時間が読めないということですが、時間に余裕があれば節約が可能になります。このように視野を広げてほかに手段がないか考えてみるということも大事です。
費やす時間との関係もあり必ずしも費用を安く抑えればいいというものではありませんが、就活で成功するためのポイントのひとつはいかに戦略的に行動できるかということです。
どうしても時間に余裕がないときは、お金で時間を買うつもりで、意識して気持ちのゆとり、心の余裕だけはなくさないようにすると良いと思います。
ギリギリの時間設定になりがちですが、30分、時間の余裕を持って早めに家を出る工夫をすると違ってきます。
お知りになりたい情報や悩みがあるときはぜひ経験豊富な私たち「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®」に相談してみてください。

また、これから何かを始めたいと思っている人、何から手をつけていいかわからない人には
「親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活塾」をおすすめします。

経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。

<スカイプでも相談できます>
遠隔地の方、お忙しい方は、スカイプを使って、いつでもご相談できます。
料金:1時間 3,000円 (事前決済)
お申し込みは、info@cb-tokyo.co.jp まで



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
エイジング・アドバイザー®
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。


コメント(0) | トラックバック(0)

希望のスタート


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。

2016年3月に卒業予定の大学生の就職内定率は、昨年12月1日時点で80,4%。前年同期に比べて0,1ポイントの上昇で、今後卒業時までにさらに伸びて90%台後半まで、それも前年を上回る数字で落ち着くことが予測されています(数字は厚生労働省・文部科学省調べ)
この数字はリーマンショックで景気が冷え込んだ、その直前の良かった時期、2008年の80.5%に匹敵する数字です。
特に、女子学生の内定率は82,0%で12月1日時点では調査が開始された1996年以降過去最高の数字を記録しています。
数字の上からは、就職する時期としては本年度も企業の採用数の維持あるいは増大が期待できる状況に変わりはありません。希望を持って挑みましょう。
今年就活をしている学生さんは、もう後半戦です。まだこれからが勝負であると考えて、焦らず、慌てず、目の前のことを一つ一つ確実にこなしていくという心構えで行きましょう。
その積み重ねでしかありません。事前の準備をしっかり行って臨む。
自己分析をすることも大事ですが、企業研究を今一度しっかり行ってください。
就職希望の企業であれば最終的にその会社の社員になるのです。イメージができますか。
親御さんは今こそご子息、ご令嬢との会話の量を増やし、特によく話を聞いてあげてください。
親御さんが就活生との関わり方で問題になることのひとつは、学生さんに対する過干渉ですが、コミュニケーションを取る必要性は揺らぎません。
ご自分の価値観の押し付けにならないように、他方、お考えはちゃんと伝えてください。
就活は、社会全体の流れを読み、流れに従いながらも、しかし、流れに流されないことが大事です。
親御さんの社会人としての貴重な経験や判断は確実に参考になります。
不安がおありのときは遠慮なく経験豊富な私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー®」に相談してみてください。
また、これから何かを始めたいと思っている人、何から手をつけていいかわからない人には
「親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活塾」をおすすめします。
経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。

<スカイプでも相談できます>
遠隔地の方、お忙しい方は、スカイプを使って、いつでもご相談できます。
料金:1時間 3,000円 (事前決済)
お申し込みは、info@cb-tokyo.co.jp まで



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
エイジング・アドバイザー®
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。


コメント(0) | トラックバック(0)

実際の現場の声を聞く


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。

2016年になり、早や三カ月経ちました。
間もなく四月、年度が変わる時というのは気持ちを切り替えるのに大変良い機会です。
気持ちを新たに頑張っていきましょう。

皆さんは新年度をどんな年にしたいですか?
ぼーっと過ごしても、笑って過ごしても、計画的に過ごしても必ず時間は過ぎていきます。

多くの人は実りある年度にしたいはずですよね。

そうであれば、今年度の目標を立てることをお勧めします。
目標を設定して、ゴールから逆算して、今何をすべきかを意識する。

目標達成のための戦略をたてて、実行する。具体的に行動することです。
このときのポイントは、適宜の見直しと必要に応じた軌道修正です。ゴールへのルートはひとつではありません。これができるかで
きないかだけで実現可能性がより高まります。

売り手市場だった昨年の就活ですが、今年もその好調な採用の状況は引き続き維持されそうです。
希望が持てます。自分の頑張り方次第で未来に期待できます。

昨年度の就活生の反省点を活かすとすれば、学生さんが本当に納得のいく就職活動が出来ていたのかどうかという点が一つ挙げられ
ます。

というのは、希望が叶った学生さんがいる一方で、内定を取りながら満足ができず、今も就活を継続している学生さんや、就職留年
を決めた学生さんの話を少なからず聞いているからです。

内々定後にその会社の実態が初めてわかった、社風に合わないと感じた。第1志望の企業ではなかったので納得がいっていない。そんな声を聞いています。
せっかく内定が取れたのに、なぜそのようなことが起きているのでしょう?
どうすればよかったのでしょうか?

確かに、昨年は、活動時期の後ろ倒しがされた初めての年で、様々な場面で混乱がありました。就職協定を順守せずフライングする
企業が続出する一方で、歩留まりが読めずに多めに内定を出す企業もありました。結果として活動全体が長期化したことも否めませ
ん。

早期に内々定を出した会社は、学生に早期の入社確約を迫りました。いわゆる「オワハラ」(就活を早く終われハラスメント)の問
題です。その結果、多数の内定辞退や、逆に、学生側が複数の企業の内定を確保しながら本当のことを言わずに引っ張り、長期間に
渡り就職活動が継続したような例も見られました。

そのため、全体の混乱の流れの中で思うようにならなかったというのも理解はできます。
しかし、学生さんの不満の多くの場合は、企業研究不足や、事前の準備不足が原因の一つと考えられます。

特に、データ上の情報ではなく、そこで働いている人の生の声、肌で感じた情報の不足が考えられます。実際にそこで働いている人
はどうなのか?ということをどこまで詰められたかということです。

社風というのは、もちろん、綺麗な社屋、居心地の良い清潔な空間自体が生み出しているということもあります。しかし、社風は建
物が作るのではなく、そこに働いている人が作り、醸し出すものです。

自分がそこで本当に働きたいと思えますか?
自分がそこで働いている姿がイメージできますか?

もし自分が行きたい企業に、例えば、自分の大学から入社した先輩がいて、話を聞けるのならぜひ聞いてください。紙面や画面上に
現れる条件面以上に大事な実際の様子がわかります。

親御さんはもし紹介が可能な企業の社会人の先輩がいたら、ぜひ御子息、ご令嬢と会う機会を確保してあげてください。表に出てこ
ない情報が大事なのです。実際のイメージを早くから把握することが重要です。

そのような機会が取れない、どうしたらよいかわからない時は、経験豊富な私たち「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー
®」に相談してみてください。

また、これから何かを始めたいと思っている人、何から手をつけていいかわからない人には
「親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活塾」をおすすめします。

経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきて
います。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。

<スカイプでも相談できます>
遠隔地の方、お忙しい方は、スカイプを使って、いつでもご相談できます。
料金:1時間 3,000円 (事前決済)
お申し込みは、info@cb-tokyo.co.jp まで



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
エイジング・アドバイザー®
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。


コメント(0) | トラックバック(0)

希望を持つ


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。

一段と寒くなってきましたが、体調管理に留意して乗りきりましょう。

就活後ろ倒しの問題ついて、経団連が、2016年度は正式に選考解禁日を今年の8月1日から6月1日に2ヶ月前倒しに変更する旨を発表しました。

誰もが満足のいく制度は実現が難しいところ、就職活動期間の長期化など8月実施での問題点を少しでも解消するための変更としてはやむを得ないところです。

懸案として残った問題は、学期中であり授業がある最中での就職活動や教員志望の学生の教育実習の時期と重なること、留学生が帰国する時期と関係の問題などです。

現時点では企業側が土日、夕方などの時間で対応することや、留学生は別日程で対応することなど何らかの工夫が検討されています。

今年より2ヶ月前倒しになって注意しなければならない問題のひとつは、より短期間で集中して選考が行われるため、選考のための準備も従来以上に早めに用意しておく必要がある点です。

例えば、会社説明会が大学3年生の3月1日解禁だとすると、説明会開催と同時に直ぐにエントリーシートの提出や、面接に至るまでの諸形式の内容が日を待たずに要求されることが予想されます。

そうすると、3月1日の時点では直ぐにエントリーシートが提出できるくらいの事前の準備が必要です。

他方、インターンシップ等で既に企業と接触のある学生さんは、企業側に選考に直結させてはいけないという縛りがあるとしても、やはり依然としてアドバンテージがあるように考えられます。
インターンシップでの経験、学び、人脈を生かせるようにしておきましょう。

繰り返し述べてきたことですが、時期が短縮され、選考期間が短くなったとしても採用の本質である「人を見る」ということは変わりありません。準備することの中身が変わる訳ではありません。

周囲に流されず、自分をしっかり持って、自分だけがやらなければならない準備や、自分だけがしなければいけない行動に全力を注ぎましょう。特に企業研究は徹底的に行ってください。

志望にあたって倍率が高い企業もそうでない企業も、自分が本当にそこで仕事をしたい会社なのかもう一度よく考えてください。

自分の希望が明確であれば、たとえ志望者が多く応募倍率が高いことが見込まれても、今の段階であきらめることは全くありません。戦略をきちんと立てて本気で内定を取る覚悟でチャレンジするだけです。見かけの倍率に慄いてはいけません。

本気で準備して、本気で臨んだのであれば、希望通りの結果が得られなかったとしても、必ず次につながります。思いの強さも結果に影響してきます。

逆に、モヤモヤしたところがあって、本気でその企業で働く気がないのなら、保険を掛ける趣旨でその企業を受けることはお勧めしません。

ただ闇雲にただ数を受ければ受かるというものではありませんし、数多く受ければそれだけ力は分散します。かえって疲れて思うように力が出せずに終わってしまう可能性も高くなります。

また、受かっても結局、長続きせず、やめてしまうことにもつながりかねません。
人によって戦略は違ってきます。自分なりの自分に合った戦略をよく考えましょう。

早く安心したい気持ちは分かります。不安なのはみんな一緒です。その不安を和らげることが出来るのが親御さんです。

親御さんはぜひ会話する機会を増やしてご子息、ご令嬢の話をよく聞いてあげてください。どうしたいのか、どこで迷っているいのか、何がわからないのかを把握することはできると思います。

どこで迷っているのか、何がわかればよいのかこのことが分かるだけでも一歩前進です。
さらに、希望と自信。この二つがあれば頑張れます。希望と自信が持てるように、長所や良いところは褒めて自信を持てるように話をしてみてください。

来年も企業の採用意欲自体は堅調で、業種にもよりますが全体的に見れば状況は悪くありません。
きっとうまくいくと信じることができるかだけです。

それでもどうして良いかよくわからない、不安な時は、経験豊富な私たちプロフェッショナル・キャリアカウンセラーに早めに相談してみてください。先手、先手の早めの行動が成功のカギです。

また、これから何かを始めたいと思っている人、何から手をつけていいかわからない人には
「親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活塾」をおすすめします。

経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。

<スカイプでも相談できます>
遠隔地の方、お忙しい方は、スカイプを使って、いつでもご相談できます。
料金:1時間 3,000円 (事前決済)
お申し込みは、info@cb-tokyo.co.jp まで



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
エイジング・アドバイザー®
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。


コメント(0) | トラックバック(0)

自分にコントロールできることに力を注ぐ


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。

気温が低く冷え込む日も少しずつ多くなってきました。季節の変わり目です。風邪などひかないようにしていきましょう

就活後ろ倒しの問題ついては以前から取り上げてきましたが、経団連の選考解禁日(8月1日)の時期が、来年度は見直しがされる見通しとなりました。早くもルールの変更です。

確認しておきますと、今年度は選考の解禁日が、従来の大学4年生の4月1日から8月1日に4ヶ月後ろにずらして実施されました。主な趣旨は学生が学業に専念できる時間を増やすことにありました。

まず、来春卒業予定の大学生、大学院生への今年度の就活に関するアンケート結果(就職情報会社マイナビ調べ 対象5,763名 期間8月26~31日)の一部を紹介します。

就活後ろ倒しの日程変更が就活に及ぼした影響として、46,2%の学生がマイナス、33,1%がどちらかといえばマイナスと回答、合わせて79,3%、約8割の学生がマイナスだったと回答しています

マイナスの具体的内容としては多かった順に「暑い時期の活動」「学業の妨げ」「水面下で動く企業が有り状況が把握しづらい」「就活が長くなった」などをあげています。

例えば、今年の8月前半は関東地方では気温が35度にもなる猛暑でしたし、理科系の学生さんでは活動の長期化に伴い「実験に集中できない」などの支障が出ています。

他方、住宅、外食、医療、介護など計画通りに採用ができず現時点で計画が未達に終わった企業についての企業側へのアンケート結果(日本経済新聞社 964社 10月1日)の一部も紹介します。

内定者数が計画を下回った理由として、「例年と採用スケジュールが変わったため(70,1%)」。「優秀な入社希望者の減少(37,1%)」をあげています。また、69,4%の企業が採用活の期間が長くなったと回答しています。以上のように、今年度は全般的に就職活動が長引き学生、企業ともに大きな影響が出ています。

確かに、希望通りに内定が取得できた学生や、銀行や保険など計画通り、計画を上回る採用ができた企業が多数存在します。

しかし、現実的には採用活動の成果は業種間に大きなバラつきがあります。十分に人材を確保できておらず現在も採用活動を継続している企業が存在しています。また、内定辞退が多数発生した影響を受け、中小企業の採用活動はさらに長期化しています。

今のところ、経団連の来年度の採用選考見直しの内容は、会社説明会の開始が本年度同じ大学3年生の3月からで、選考解禁が8月1日から6月前後へ2ヶ月程度前倒しになる見込みです。正式な内定解禁も現状の10月の見込みです。

時期が変わってもやることが変わるわけではありません。来年、これから就活に取り組む学生さんは世間の報道や動向に流されないように頑張っていきましょう。

したがって、学生さんは、今自分にコントロールできることに集中して力を注ぎましょう。

親の立場で考えると、大学入学後から就職活動が本格化する3年生の後期,4年生までの時期は、比較的、親御さんがお子さんと関わることのできることが多い時期です。

特に、民間企業に就職希望の学生さんの大部分は、まだ、具体的にどのような企業で何をしたいのか、どうしていいか漠然としていてわからないことが多い時期のはずです。

そこで、身近にできることとしては、日常会話や日々の出来事の中から少しずつ問題意識を持ち、お子さんが就職への意識を高めていけると良いと思います。たとえば、日々のニュースなどの中から会話のきっかけを作り、親御さんの仕事観について伝えていけると良いと考えます。

また、ご自分の人脈でお子さんの就活に役に立てそうな人がいないか整理してみることもお勧めします。人脈というのも強力な武器になります。将来について希望が持ちにくい中で、いかに明るく希望が持てるようにできるか。親御さんの腕の見せどころです。

親御さんも今自分にコントロールできることに集中して力を注ぐことが前進につながります。

就職活動全般について不明な点は、経験豊富な私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」に早めに相談してみてください。

自分ひとりでやり遂げることも大事ですが、人の力を借りることも大切です。

また、これから何かを始めたいと思っている人、何から手をつけていいかわからない人には
「親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活塾」をおすすめします。

経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。

<スカイプでも相談できます>
遠隔地の方、お忙しい方は、スカイプを使って、いつでもご相談できます。
料金:1時間 3,000円 (事前決済)
お申し込みは、info@cb-tokyo.co.jp まで



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
エイジング・アドバイザー®
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。


コメント(0) | トラックバック(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25

カレンダー

<< 2017年 11月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

カテゴリ別アーカイブ

最新のコメント

月別アーカイブ