プロが教える親子就活成功のコツ

厳しい内定率

来春卒業予定の大学生の10月1日時点の就職内定率が過去最低になった
事を受け、国も就職支援に乗り出すという記事が、11月21日の日経
新聞一面トップ掲載されていました。

就職を希望する41万人の大学生のうち、17万人がまだ内定を得ておらず、
このペースだと卒業時点での就職内定率が過去最低だった1999年の91.1%を下回る
可能性もあるとの内容でした。

そして、記事はこう続きます。「ミスマッチ解消」は人材サービス企業の
新市場になりつつあると綴っています。

地方の大学生は更に厳しい雇用環境にあります。しかし企業説明会などは
殆ど東京、名古屋、大阪と大都市圏です。

近年の大学生は地元に残って働きたい割合が地方ほど多いです。
しかし、地方の大学の就職支援はまだまだ行きとどいいていません。

これから先の未来を託す世代が社会人の入り口で困難な状況に置かれている
現状にプロフェッショナル・キャリアカウンセラー協会のノウハウが役に立つ時が来たと実感します。

大学生に潜在的な求人意欲のある企業(成長分野産業)の情報収集の仕方や
DMの送りかたを話すと、以前は「そんなことしても、、、」と少し斜めに
眺めて話を聞いていましたが、今は「やってみます、何が何でも就職したいです」と
言う人達が出始めてました。

何も行動せずただ不安ばかり訴えても時間を逃してしまいます。

自立した社会人になるために、厳しい時だからこそ自分を鍛えられると信じ、
あきらめずに挑んでもらいたいです。
コメント(0) | トラックバック(0)

働き方と生き方

今回は少し視点を変えて日本の男女の雇用環境についての情報です。

2010年度の「ジェンダー・ギャップ指数」が世界経済フォーラムにより発表されました。国ごとに男女平等かつ格差が少ない国ほど上位にランキングされています。

総合成績ですが、1位が昨年に引き続きアイスランド。2位はノルウェー、3位がフィンランド、4位にスウェーデンと、北欧の国々が上位を占めています。日本の総合成績は、134カ国中の94位。先進国の中で一番低い結果に終わっています。

少子高齢化で生産人口が益々減る中、日本でも生涯働きたいと思えば、性別、年齢に関係なく
働く事が出来る環境が整うといいなと思いました。

同時に働く側には自律した職業人生が送れるように、早い段階で生き方と働きかを考える必要があると感じています。

成り行きの人生を送って、いつの間にか時代の変化に取り残されてしまっていた。そうした結果にならないためにライフ&キャリアビジョンをいつも描きながら生きる時代に日本もなっていくのだと思います。

今の時代プロのキャリア・カウンセラー・コンサルタントの役割がますます求められています。
コメント(0) | トラックバック(0)

その仕事をやってみたいか?

どんな仕事が向いているのか?考えてばかりで前に進めない人は「自分は何ができるだろうか?」と考えてみてください。

何が出来るのか?を限定で考え、それを活かす先はどのような場所があるか?と考えてみてください。

仕事が向いているかどうかは「やってみないとわからない」だったら「自分に今できることで人の役に立つ事」から仕事に繋げ欲しいです。

また、出来ないことで「やってみたい」と強い意欲を感じたらとにかく挑戦する事です。

カウンセリングをしていると「やった事が無い」「出来るかどうか自信がない」だから「求人があっても応募しない」という方がいらっしゃいます。

そんな時、「働いて欲しいかどうか決めるのは相手ですよ。あなたがやってみたいかどうか意欲をみせないと相手にはわからないのですよ」と話をします。

「出来るか出来ないか?」ではなく「やってみたいかやりたくないか?」と自分自身に問いかけ、新しい分野でも挑戦して行く勇気を持っていただけるようご支援しています。

働き方が変化する時代にある現代は挑戦する気持を常に持つ事が大切です。

安定ばかりを追い求め結果的に不安定な状況になった人たもいるのです。

出来る事、やってみたいことにどんどん応募し挑戦してください。
そして新しい時代の可能性を広げてください。
コメント(1) | トラックバック(0)

どんな仕事が向いているの?

やりたい事を見つけられず、就職活動に臨み、精神的に「迷子」になっているとき「私にはどんな仕事が向いているのかわからない」と言われる方がいます。

「何がしたいのか」を言葉にする事ができないまま、闇雲に就職活動をすると労が多い割に結果が出せないのです。

そればかりか、仕事を職業で探さず、入れそうな会社選びをしてしまい結果的に自分の思っていた仕事とは違う等の理由で、短期間で仕事を辞めてしまうのです。
このような時、自分自身の「根っこ」興味・関心を見つける事、どのような「能力」があるのか、どのような事に価値を置くのかなど、プロフェッショナル・キャリアカウンセラー(R)が
一緒になって「棚卸」をします。

就職活動の落とし穴は準備不足が考えられます。
入念な準備をする必要があります。
それは自己理解をする時間です。自分は何が出来て、何をしたいのか?
仕事をする事で何が得られるのか?どうしてその会社に応募したいのか?
じっくりと自分と向き合う事をやって欲しいです。

何も準備しないまま無防備に採用試験に向かうと、これまでに何百人もの応募者に会ってきた採用担当者に見抜かれて、不採用になっているのです。

早い時期に、「どんな生き方や働き方をしたいのか?」考える事です。
「どんな事で仕事をしたいのか?」が見つかっていると就職活動の時点でのとまどいがありません。会社の規模ではなく自分の納得のいく企業を選択し、採用試験でも自分の言葉で志望動機や強みを伝えられます。

自分の頭で考え、行動プランを練って、それを実行する。

それが出来ないと「仕事を任せる素養に欠ける人材」と見られ、不採用となってしまいます。

就職活動は一生続くものではありません。
現実逃避せず、自分と向き合ってください。
コメント(0) | トラックバック(0)

社会に出て働くという事

就職活動の準備は、個別の会社を研究したり、就職対策本を読んだり、
面接のテクニックを身につけることではありません。
こうした事の準備の前に「社会に出て働くということは、どういくことか」をきちんと整理することが重要で武器になります。

糧を得るための就職先選びではなく充実感、達成感を味わえる満足する働き方と何かを「整理」をする事です。

キャリア・カウンセラーはそうした整理の手助けをするプロです。
これから社会に出ようとする学生の考え方の聞き役となり社会に出て働くという事とはどういうことなのか一緒に考えるパートナーなのです。

一人で悶々と悩んで時間を過ごさず、プロのキャリア・カウンセラーと一緒に考え、整理をする事で不安や、焦りが軽減し、自信をもって就職活動に挑めます。

一人で頑張りすぎて就職活動に見切りをつけてしまう前に、プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®に相談してみませんか?
コメント(0) | トラックバック(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25

カレンダー

<< 2018年 10月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

カテゴリ別アーカイブ

最新のコメント

月別アーカイブ