プロが教える親子就活成功のコツ

働きやすい会社ランキング


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー」の下枝三知与です。
今年は夏から秋にかけて台風がたくさん来て、いろいろと大変でしたね。
皆さんの周りは大丈夫でしたか?

今日は前回の「働くということ」にもつながる話です。
9月末、日経新聞が毎年出している「働きやすい会社2012」が発表されました。
これは4つのテーマ別に、ビジネスパーソンが会社に「働く条件として何を重視するか」を調査するもので、今年は総合でもテーマ別でも電機各社が上位に入りました。
テーマの中で重視されたものが「グローバルな人材育成」。社員教育の内容も、語学研修への意識付けや、
「うち向き」といわれる新入社員の精神面を強化する研修などにも目を向けているようです。
電機各社は人員増強や賃上げの代わりに、労働時間の短縮や休業制度充実で社員に報いてきたそうです。
また、ビジネスパーソンが望む働きやすい会社の条件として、次のようなものが挙がりました。
1.労働時間の適正さ  43.5%
2.休暇の取りやすさ  42.3%
3.(半休、時間単位)年次有休の種類が豊富  32%
また「若手社員の定着率の高さ」や「人事考課の結果伝達、反論・修正機会の有無」「評価結果のフィードバックの有無」など人事考課の透明性を望む声も多かったようです。
様々な条件を働く人は望みますね。
さて、あなたは何を重視して会社選びをしますか?

今の雇用状況の中では、どの企業も採用に消極的です。
新入社員も転職組もとても厳しい状況ですが「不況だからしかたない」「決まらないのは経済状況が安定しないからだ」と嘆いているだけでは何も解決しません。
業績が悪い会社だからこそ、実は「会社により良い結果を出してくれる人はどこかにいないか?」と利益が出せる人財を探しているものなのです。
そういう企業はあるはずです。ただ、見えにくいだけかもしれません。
履歴書を100通以上DM方式でばらまき、内定をいくつかもらってその中から1社を自分で選んだ57歳の男性がいます。

彼は勇気と知恵と情報を駆使して、綿密な準備と行動力で成功したのです。


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

年齢制限


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー」の下枝三知与です。
朝夕ずいぶん涼しくなってきましたが、夏の疲れは出ていませんか?

今日は先日カウンセリングをした51歳の男性Bさんのお話です。
これまで営業畑一本、キャリアアップを目指し転職を2回してそれなりの成果も出してこられた方です。
ところが最近の不況の影響で会社の業績が悪化、解雇の対象となってしまいました。
「ハローワークにも通っているが成果はあまり得られない。そこで今日はよろしくお願いします」ということで、早速お話を伺いました。

「これまで営業畑一筋ですか、営業も大変なお仕事ですよね」
B「まあ、そうですね。特に医療関係なんで、若い人が多くなって・・・」
「医療関係といいますと、MRですか?」
B「そうです。MRは今や若者が主流で、僕みたいな中年はダメですね」
「えっ、まだお若いですよね!」
B「いえ、僕はもう50過ぎてます」
「そうなんですか? とてもお若く見えますけど・・・」
B「よくそう言われますけど・・・ハローワークでも言われますけどね。
若く見えても年齢制限にはかなわないですよ・・・ハローワークでは年齢制限だけで、自分の実績や
経験はみてもらえないですから・・・」

とうなだれて話されました。

人の印象は受ける人によってさまざまで、実年齢より老けて見えたり若く見えたりします。
このBさんのように「若く見える」ということをご自身で認識しているのであれば、これを使わない手はありません。
また営業職種でも、業界を自分で狭めてしまえばそれまでです。
業績が上がらない企業はどんな業界でも、何とかして利益を上げたいと常々考えているものです。
ということは、常に従業員の「入れ替え」も図っているのです。
同じ賃金を払うなら、少しでも売り上げに直結する人の方がいいに決まっています。

この後のカウンセリングの中で、「年齢に勝つものは実績、経験、仕事への姿勢観、自分自身」であることを
お伝えし、業界を見直して窓口を広げ、自分をアピールする方法やDM作戦をとってみる利点などをお話しました。このあとお帰りになる時のBさんの表情は明るくなり、やる気満々の表情でした。



下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

準備


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー」の下枝三知与です。
残暑きびしい日々が続きますが、皆さんお元気ですか?

就職活動を控えての毎日で、不安な気持ちになりますね・・・。
「今の日本の雇用状況からして、時間はかかるかも知れないけど内定を得られれば何より」
「切羽詰まることはなるべく避けたい」誰もがそういう思いでいらっしゃると思います。

国も地方自治体も何とか就職率を上げようと躍起になっていますし、効果を上げるために様々な方法を模索しています。

ネット上で日々更新される情報の入手はお手のものかもしれませんが、新しい情報はただ見て終わりではなく、どうすれば自分の結果につながるかをきちんと把握しましょう。
なぜなら、「職業経験のない学生はみな同じ」ではないからです。
情報は自分なりに分析し「自分がより早く合格結果につながるにはどう役立てるか」「どう準備すればいいのか」が重要です。
たとえば以下の準備の場合もしかりです。

自己分析では
1.ビジネス能力診断
 ①社会人基礎能力診断
 ②自分は何者か
 ③中学校からの活動の振り返り
2.天職適職探し
3.自己啓発計画表

※社会人転職者はこれに以下のものを追加
4.時系列職業分析
5.専門分野別職業分析

これらの準備を実行して初めて、「履歴書」「職務経歴書」作成に入ります。

何事も順番や流れがあります。
PLAN → DO → ACTION → CHECK

自分をしっかり見つめて、自分は
「何者か?」「何をしてきたか?」「それでどういう自分になったか?」
「自分だけの人生ってなにか?」「そういう風に人生を送りたいか?」
「何が得意か?」「アルバイトや転職で何をしてきたか?」
「アルバイトや転職で何ができるか?」「自分の特性を活かせる業種や職種は何か?」
「条件は自分が望むもので、できそうなものか?」
「会社情報をきちんと把握しているか?」
以上の答えは皆違うはずです。理由は「それぞれ違う人だから」です。

履歴書作成や面接での答え方など、情報が氾濫しています。
使える情報は情報としてきちんととらえ、自分にふさわしい内容のものであるかしっかり判断しましょう。

経験豊富な、信頼できるキャリアカウンセラー・コンサルタントの両方の力を持った人を探してみましょう。
必ず力になってくれるはずです。それが近道かもしれません。

時間的に余裕がある今こそ、計画を立ててしっかり自分を見つめて準備しましょう。



下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

素直さとチャレンジ


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー」の下枝三知与です。
暑い日々が続きますが、夏バテしていませんか?

先月末、専門学校での講義が終了しました。
選択科目で生徒数は20名、そのうち19名が「キャリアカウンセラー」の認定を取得しました。
授業の中で、キャリアカウンセラーの仕事の内容からその意義、そしてたくさんのワークシートをこなして自己分析から履歴書、面接、就活行動予定表まで完成させました。
当然自分の就活の準備として、全員が真剣に受けていました。
開講当時、生徒の中には素直な学生もいれば、何かしら素直になれず事あるごとに反発してくる学生もいましたが、最終日には学生全員が満足げな表情で修了証を受け取ってくれたことが、とても嬉しかったです。

終了間際に「卒業後はそれぞれの人生を歩むわけですが、この資格を人生のどこで使うかは自分次第。
自分の人生は自分で目標を定め、その目標に向かって進んでほしいです」と挨拶すると、ある学生が質問してきました。

学生「先生は、いくつですか?」
私 「え~、62歳です」

学生「先生の授業は他の先生の比べると真剣さが前面に出てるけど、どうしてそんなにバイタリテイがあるんですか?」
私 「そうですか?他の先生も一生懸命のはずですよね。どの先生も皆のことが可愛くて必死に教えていると思いますよ。私がエネルギッシュに見えるのは、私が欲張りで、まだまだ自分の未来にチャレンジしていきたいと考えているからかな~」

学生「どうして今の仕事につけたんですか?」
私 「最初からこの仕事をしていたわけではなく、いくつかの仕事をするうちに人との縁ができ、今の仕事につながりました。人との縁を大切にしていると、キーパーソンと言われる人が現れます。だから今はとても幸せです。」

学生「だから元気なのか~」
私 「そうね、そうかもしれませんね。私もいろいろありました。どんな人にも人生いろいろ起こります。迷った時は立ち止って、考えて、信頼できる人に相談する。言われたことを『素直に』一旦受けとめて、自分で考えて、少し勇気を出して進んでみる。違ったと思ったら、方向転換してもいい。
失敗したら、何が原因か考えてみる。そして同じ癖をしないようにする。人生はこれのくり返しです」
   
人にアドバイスされたら一旦受けとめてみる『素直さ』と、あきらめずに『チャレンジ』することを意識して、苦しい時ほど顔を上げて進んでほしいと思います。
どこかであなたを見守ってくれる人がいます。



下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

履歴書と面接  その2


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー」の下枝三知与です。
夏本番となり暑い日々が続きますが、皆さん、お元気ですか?

今日は「履歴書と面接」の2回目で、「面接」についてです。
面接は、履歴書で作成した「自分というものを文章で表現し、自分のウリ・光るものを売り込む」ものを今度は、言葉で表現する場面です。
履歴書と違って、「自分の言葉で」相手の質問に対し的確な答えを「話し言葉」で、しかもマイナスの印象をもたれないように、答えも工夫する必要があります。
これを間違ってしまうと、せっかく準備をしてもそれだけで個人の学力や人間性を判断されてしまうものです。

例えば、以下の例など。
「・・・・・。ですので、」
「・・・・・。なので、」
「・・・・したんです。」

上記の言葉は(レベルは別ですが)面接の場面ではたいして気になりませんが、以下の言葉は別のいいかたに変える方が無難です。
「・・・・・。なんで、」
「・・・・。あと、・・・・」 

面接は、企業によっては段階を経て内定に至ります。第一次、第二次、第三次、役員面接・・・
また最近の日経新聞にも出ていましたが、第一次はグループディスカッションとする企業も増えてきているようです。グループディスカッションにもさまざま形態がありますが、基本は、学生の「考える力」「まとめる力」「コミュニケーション力」「他の人の考えを引き出す力」などを採用者が見ます。

もちろん、第一印象も重要です。
人の印象には他に二つの印象があるのをご存知ですか?
①第一印象
②第二印象・・・話し始めてから少しづつ変化していく印象。
第一印象にプラスされたり、逆の場合もある。
③第三印象・・・別れ際の印象。
          
第一印象はもちろん大切ですが、面接の場面では他の二つも重要です。
特に、第三印象のちょっとした目つき・表情・態度などは面接の最後の場面として、採用者側へ記憶を残すことになります。

最後まで気を抜かずに、悔いのないよう、細心の注意をもってあきらめずに臨みましょう。
信頼でき、利益を出せる、企業に役立つ」人間であるという期待感を相手にもたせること、これを大前提に「自分の言葉で、誠実に、熱く」話すこと、これが大切です。



下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25

カレンダー

<< 2018年 4月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

カテゴリ別アーカイブ

最新のコメント

月別アーカイブ