プロが教える親子就活成功のコツ

素直な自分


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の下枝三知与です。
冬本番、体調管理は大丈夫ですか?
手洗い・うがいやマスクをして、風邪予防をしましょう。

先日嬉しいことがありました。

Bさん「先生、今日は嬉しい報告です。」

私「あら、どうしましたか?」

Bさん「先日お話した部下のことです。」

私「ああ、職場の。確か若い女性でしたね。Bさんも少し悩んでいらした・・・」

Bさん「そうです。彼女ですが、この頃少し変わってきたんです」

私「あら、そうですか。どんなふうに変わってきたんですか?」

Bさん「何というか、彼女が会社のお荷物的な存在であることは前にお話ししたと思いますが。」
「実は、これまで彼女に対して批判的だった周りの人から『あの子、少し変わってきたね』と、声をかけられるようになったんです」

私「えっ、それは嬉しいことですよね!それで、何か特別なことがあったんですか?」

Bさん「先日、『少しは自分の頭でかんがえてみろよ!』とちょっと厳しく意見をしたことがあって・・・それから少し表情が変わり始めて。僕に対して真剣に向かい合うようになった気がします。」
「これまで批判してきた周りの上司は、本当は彼女に対して真摯に対応してくれてなかったのではと思うようになりました。」
   
私「なるほど、Bさんの真剣さが彼女の心に通じたということでしょうか。」

Bさん「僕自身は普通だと思っていたんですが、彼女には僕の真剣さが新鮮だったのかもしれません。もともと彼女は素直な性格なんでしょうね」

私「そうですね、素直さは変化の必須条件ですものね。彼女もこれから進化してくれるといいですね。」
「それにしても、Bさんは我慢強く指導されてきたんですね。それが彼女に通じたということでしょう」

Bさん「いやあ、そんな立派なことはしてないです。ただ、周りが僕のことをそういう風に観ていたとは知りませんでしたから、意外でした」

私「そうですか、人は自分のことは棚に上げても、他人のことは良く観察しているものですよ」
「でもBさんの上司としての株は確実に上がりましたね!」

就職前線は以前厳しいです。どういう自分を、どういう場面で、どういう風に表現するのか。
目標にする企業を見間違えると良い結果にはつながりませんし、方法を間違えるとまた大変です。
そこで、これから就職指導を受ける皆さんに提案です。

自分を良い方に変えたいと思うなら、相手からのアドバイスにたいして一旦は、素直に受け入れる。
そして自分ならどうするか考えて答えを出す。
この繰り返しが自分を変える秘訣です。

「自分のスタイルはこうだから、こういう性格だから」はある意味言い訳にしか聞こえない場合があります。
「自分を変えるのは、自分だけ」です。


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

考える力と行動力


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の下枝三知与です。
めっきり寒くなり、マスクをしている人も多く見かけるようになりましたね。
体調管理をしっかりして、全力で目標達成を目指しましょう。

先日会った、ある流通企業の30代後半の「バリバリのビジネスマン」の話です。

Bさん「先生は就活の指導をされてますよね」

私「はい、そうです」

Bさん「最近の学生はどうですか?」

私「いろいろな情報をたくさん持っています。自己分析やら履歴書の書き方やら、実によく勉強していますよ」

Bさん「そうですよね。履歴書の内容はたくさん書いてるし、実にアピールが上手になっているように感じます」
「ただ最近気になっているのが、何か皆同じような内容になってきていて、良くできてはいるけど逆に特徴がなくなっているというか・・・選ぶのに苦労するところなんです」

私「なるほど、そういう面もありますね。情報は皆が仕入れているわけだから、本当の意味の『強み』は何かをアピールする、独自の表現をしなければ『ウリ』とはならないですからね」

Bさん「最近部署に入ってきた(廻されてきたらしい?)28歳の女性社員ですが、入社後5年たてばある程度仕事を任せられるはずですが、どこの部署でも良い結果を出せないという女性ということで。
みてるとやはり気が利かないというか・・・、指示されたことはきちんとやるが周りが見えなくて、自分で考えようとしないからでしょうか。いちいち訊いてくるからイラッとして・・・」
「僕らの就活もかなり厳しかったけど、もう少し自分の頭で必死で考えて、何かしら結果を出そうと動いていたような気がしますがね~」
「会社のお荷物らしいという烙印を押されると、もう居場所は無くなりますね。かわいそうだけど、そろそろ自分で他の道を歩んでいくことを覚えさせないとね~」

私「そうですか・・・」

夢を抱いて入社した大手企業で、少しずつでも成果を出すということは簡単ではありません。
新卒の就活も厳しいですが、転職者の就活はもっと厳しいというのが現実です。
それでも人生を生ききるために「自分で必死で考えて、そして行動する」これを実践していきましょう。


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

わな


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー」の下枝三知与です。
今年もいよいよ新卒の就職活動解禁の季節が近づいてきました。

皆さんは、常日頃から情報収集をしていますか?
最近はSNSをフル活用している人がほとんどです。
「就活」サイトが大流行! 
企業説明会からエントリーシートまですべてインターネットで済ませることができます。

しかし、ちょっと待ってください。
企業側は求人募集に多額の経費をかけますので、よりよい費用対効果を求めます。
ですから、より多くの学生を集めその中から選りすぐりの人を選ぼうと考えます。
また採用サイドは、学生のほうも多くの企業にエントリーして、その上でより条件の良い企業を選ぼうとしていることもよ~く知っています。
知っているからこそ企業はちゃんと計算して受けつけていると、皆さんは考えるべきでしょう。
そこで、皆さんにお願いしたいことがあります。

ネット上の情報ばかりではなく、自分自身の「目と耳と足」で情報を集めてほしいということです。
つまりネット上の情報に踊らされることなく、自分の仕事観などきちんとした、ぶれない軸を持って活動してほしいということです。

座って、ネットの画面ばかり見ることで就活している気分になっていませんか?
説明会場廻りをすることで満足していませんか?

企業を直接見に行く、企業で働いている人をそれとなく観察する、人脈を整理して先輩や知人に会って生の話を聴く機会を作る・・・など、積極的に動いてください。
必死で動いてください、じっとしては負けてしまいます。
勝つためには「行動のみ」です!!!


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

できる人


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー」の下枝三知与です。
朝晩めっきり涼しく?より寒くなってきましたね。いかがお過ごしですか?

世界規模の不況状態が続く中、これから就活される皆さんにとってなかなか明るいニュースが出てきませんね・・・そのせいか、世の中には「ハウ・ツー・成功」本がたくさん出まわっています。
(電車の中の数少なくなった広告は、殆どがその類の書籍広告のような気がします)
世の中の人がそれだけ何かにすがろうと考え、何か成功する為のヒントがないかとアンテナを張っているのでしょう。皆必死なのですね。
その広告の内容をざっと読んでみると、殆どが次のような内容であることに気づきます。
・考え方を変えれば、人生は変わる
・考え方の方向性がすべての方向を決める
・強く思い描けば、夢はかなうはず
・相手を満足させることがビジネスの基本
・働くことイコール生きること、懸命に働くことで何かが見える・・・etc
                         
以上の内容は、つまり「自分の人生の目標を立て、そうなりたいと強く願い、叶うことを信じ、目標に
向かって計画し、あきらめずに実行する」ことです。
これはそれぞれの夢や目標に向かう時と同じで、ポイントは以下のようなものです。
・自分なりの人生の目標を設定し、節目ごとに計画を練り直す
・計画を実行する為の時間を逆算しながら実行に移していく
・目標達成できにくい場合は目標そのものを見直し、その都度計画を練り直す
・使える手段を洗い出し、何を使うかきめていく
・使える手段はすべて使う
・人脈をリストアップし、洗い出す
・たくさんの人に会う機会を増やす、とにかく動く

気づく ⇒ 考える ⇒ 答えを出す ⇒ 準備する ⇒ 行動する ⇒ 結果 ⇒ 見直し
特に、見直しをするかしないかで次へのステップが大きく変わります。
「できる人」はこれを実践している人であり、その結果を人のせいにしないで、自己責任とする人です。


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

働きやすい会社ランキング


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー」の下枝三知与です。
今年は夏から秋にかけて台風がたくさん来て、いろいろと大変でしたね。
皆さんの周りは大丈夫でしたか?

今日は前回の「働くということ」にもつながる話です。
9月末、日経新聞が毎年出している「働きやすい会社2012」が発表されました。
これは4つのテーマ別に、ビジネスパーソンが会社に「働く条件として何を重視するか」を調査するもので、今年は総合でもテーマ別でも電機各社が上位に入りました。
テーマの中で重視されたものが「グローバルな人材育成」。社員教育の内容も、語学研修への意識付けや、
「うち向き」といわれる新入社員の精神面を強化する研修などにも目を向けているようです。
電機各社は人員増強や賃上げの代わりに、労働時間の短縮や休業制度充実で社員に報いてきたそうです。
また、ビジネスパーソンが望む働きやすい会社の条件として、次のようなものが挙がりました。
1.労働時間の適正さ  43.5%
2.休暇の取りやすさ  42.3%
3.(半休、時間単位)年次有休の種類が豊富  32%
また「若手社員の定着率の高さ」や「人事考課の結果伝達、反論・修正機会の有無」「評価結果のフィードバックの有無」など人事考課の透明性を望む声も多かったようです。
様々な条件を働く人は望みますね。
さて、あなたは何を重視して会社選びをしますか?

今の雇用状況の中では、どの企業も採用に消極的です。
新入社員も転職組もとても厳しい状況ですが「不況だからしかたない」「決まらないのは経済状況が安定しないからだ」と嘆いているだけでは何も解決しません。
業績が悪い会社だからこそ、実は「会社により良い結果を出してくれる人はどこかにいないか?」と利益が出せる人財を探しているものなのです。
そういう企業はあるはずです。ただ、見えにくいだけかもしれません。
履歴書を100通以上DM方式でばらまき、内定をいくつかもらってその中から1社を自分で選んだ57歳の男性がいます。

彼は勇気と知恵と情報を駆使して、綿密な準備と行動力で成功したのです。


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24

カレンダー

<< 2017年 7月 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

カテゴリ別アーカイブ

最新のコメント

月別アーカイブ