プロが教える親子就活成功のコツ

社会人基礎力~コミュニケーション力


皆さん、こんにちは。「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の下枝三知与です。
今年は、秋が来たと思ったらまた夏に逆戻り?というような不順な天候ですね。
台風も多いようです、しかし、雨にも風にも負けず、がんばっていきましょう!

前回「社会人基礎能力」についてお伝えしましたが、もう少し詳しく知りたいという方の為に、その続きを掲載します。
知らなかった方はPCで検索しましたか? 
おそらく、12の力のそれぞれが自分にどれくらいのレベルがあるのかチェックするのも難しかったのではないでしょうか・・・。
今や就活には必須条件でもあるのでぜひ自分のものにしておいてくださいね!

前回も言いましたが、この社会人基礎能力は、これまで生きていた中で(子供時代から)自然に身についているはずです。
更に学生生活、サークル、アルバイトの中でも知らず知らず身についているものですから、冷静に、過大評価でもなく過小評価でもなく「本当の自分」を見つめてみましょう。

自分のことは自分がよく知っていると思ったら大間違いです。
社会人基礎力のチェックもその一つの方法ですが、自己分析は「客観的な目線」「他人からどう見えているか」(できれば専門家の目線)ここを意識して記入しなければ、意味がありません。
なぜなら、合否を決めるのは企業の採用者だからです。(決してあなたでも、先生でもないのです)

「前に踏み出す力:Action」「考え抜く力:Thinking」「チームで働く力:Teamwork」
この3つの分野にそれぞれ「○○○力」といわれるものが合計で12個あります。

たとえば「Action」には「主体性・働きかけ力・実行力」の3つ、「Thinking」には「課題発見力・計画力・想像力」の3つ、「Teamwork」には「発信力・傾聴力・柔軟性・状況把握力・規律性・スロレスコントロール力」の6つです。

昨今云われている「コミュニケーション力不足」ですが、社会人として求められる人とのコミュニケーションを良好にするためには、この中の「Teamwork」の6つのほとんどが必要とされる、大きな力だということがわかります。
皆さんは自分のコミュニケーション力をどれくらい売り込めますか?

【売り込む】自分を知る ⇒ 売り ⇒ 履歴書(自分の言葉で書く) ⇒ 面接(自分の言葉で話す)
【ダメだったら】 ⇒ 練り直す(周囲の意見やアドバイス)⇒ 売り ⇒ 履歴書 <PDCAサイクル>

あなたの人生はあなたのもの、決めるのはあなたです。
信頼できる誰かに、聴いてもらいましょう。

こういうときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」がお役に立ちます。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。
http://www.careerbrain.jp/campaign.htm

【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
キャリア・カウンセリング お申込みメールの宛先はこちら


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

社会人基礎能力


皆さん、こんにちは。「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の下枝三知与です。
今年は台風や洪水、竜巻など、驚くような天候に皆さん、外に出かける身としては大変な思いをされていることでしょう。
しかし、ここは踏ん張り時! 身の安全を確保して、がんばっていきましょう!

皆さんは「社会人基礎能力」という言葉をご存知ですか?
「もちろん」という方もあれば、???という方もあるでしょう。
知らない方はPCで検索して、内容を確かめておいてください。
そして、自分にどれくらいのレベルがあるのか、ぜひチェックしておきましょう。

ご存知の方は、この社会人基礎力を自分でどれくらいあるのか、分析してみましたか?
まだの方は是非やってみてください。
自己分析のひとつですが、レベルをただ単に図るのではなく、その理由を記入しておくと面接対策につながります。

また、履歴書において自己アピールする際にも是非加筆してみてください。
なぜなら、どの企業もこの「各種社会人基礎力がどれくらいあるのか」を知りたくて面接するといってもよいくらいだからです。

特に最近の新入社員に不足していると思えるところといえば、やはり「前に踏み出す力:Action」の部分。
「考え抜く力:Thinking」「チームで働く力:Teamwork」は皆さん、比較的力があるようですが・・・

この3つの分野にそれぞれ「○○○力」といわれるものが合計で12個あります。
たとえば「Action」には「主体性・働きかけ力・実行力」の3つ、「Thinking」には「課題発見力・計画力・想像力」・・・

この12個のスキル、一つ一つのレベルを採用のときに見極めて、その期待感を含め総合的に判断して合否が決まるわけです。

ですから、この12個のスキルのレベルが自分にどれくらいあるのかを知っていなければ「売り込めない」のです!
この社会人基礎能力は、これまで生きていた中で自然に身についているはずです。
更にサークルやアルバイトの中でも知らず知らず身についているものですから、冷静に、過大評価でもなく過小評価でもなく「本当の自分」を見つめてみましょう。

あなたの人生はあなたのもの、決めるのはあなたです。
信頼できる誰かに、聴いてもらいましょう。

こういうときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」がお役に立ちます。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。
http://www.careerbrain.jp/campaign.htm

【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
キャリア・カウンセリング お申込みメールの宛先はこちら


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

迷い


皆さん、こんにちは。「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の下枝三知与です。
今年はお天気が安定せず、外に出かける身としては大変な日々ですね。
雨にも風にも負けず、いきましょう!

今日の話は内々定をもらった後に浮かんできた、心の迷いについて。

ある就職活動を終えた都内の大学4年生、男子です。
民間に的を絞って就職活動を行い、現在2社から内々定をもらっています。
しかしここにきて迷いが生じてきたとのこと。
というのも何となく金融業界を志望し、内々定をもらったのですが、そこで働くということになった時に本当にここでよかったのかという迷いが生じてきたのです。

その後いろいろと考え、地方公務員に惹かれるようになった。
理由は、幅広い業務範囲に加えて、比較的自分の時間もとりやすい環境であること。
彼曰く「私は内々定を頂いて初めて、自分がどのような人生を歩みたいのかというのがより明確に見えてきました。仕事一辺倒というよりは、自分の時間もしっかりと確保できて、家族との時間もとれる。そして転勤がないところでずっと家族の近くで妻子と共に過ごせる。その様な環境さえ整っていれば、仕事にやりがいを感じられるし良い生活を送れると思ったんです」

一度は来年の地方公務員を受けると決めたが、これはただの「甘え」なんじゃないかと考えてしまった彼。せっかくもらった内々定を断ってまで受ける価値があるのか?

当然、公務員を受けるにしても受からなかった時のリスクも伴います。
そのため一度どちらかの民間企業に入社し。公務員転職のために活動するとも考えたそうです。
彼は、転職前提の入社は会社に失礼なのではと感じているそうです。

いかがですか?あなたがこのような状況にいるとしたら、どうしますか?
「決まったものを手放すなんてもったいない!」と思う人もいるでしょう。
(実はこの彼の話の中にはいろいろな問題が含まれています)

「きっと親に相談してもダメというにきまっている」と彼は言います。
一般的にはそうでしょう。
では、どうすればいいのか?

やはり、総合的な判断と客観的な目線で相談に乗ってくれる、専門家の相談することが良いでしょう。
感情的にならずに冷静に、専門家としての経験や意見もきっと参考になると思います。

あなたの人生はあなたのもの、決めるのはあなたです。
信頼できる誰かに、聴いてもらいましょう。

こういうときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」がお役に立ちます。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。
http://www.careerbrain.jp/campaign.htm

【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
キャリア・カウンセリング お申込みメールの宛先はこちら


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

まだ内定のないあなたへ


皆さん、こんにちは。「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の下枝三知与です。
残暑が厳しいですが、体調は万全ですか?

周りを見回すと内定をもらって卒業準備にいそしんでいる人、気楽になって遊んでいる人、あるいはまだ内定のない人など色々だと思います。
まだ内定をもらってないあなたへ・・・
焦ってますか? そうですよね・・・

決まっている人を見ると妬ましい、イラつく、でも笑顔で喜びを分かち合っているふりをする・・・
こんな思いをしている人も多いことでしょう。
よくわかります。

人の心理からすると当然です。だって誰でも自分が一番大切ですから!
そして自分を守れるのも自分しかいません。
だからそういう時もあるでしょう、そういう自分も含めて自分自身ですからね~(笑)
さて、羨ましがってばかりはいられません。

不採用の理由は企業からは教えてもらえませんね!
差しさわりのないありきたりの文でお断りの知らせが来るだけです。
「感触は良かったのに、なぜ?」「いい線言ったと思ったんだけどな・・・」「理由が知りたい、納得できない」などの声が上がるのはよくあることです。

しかし、主観的な考えだけでは煮詰まってしまいます。
結局、自分の中に何の変化も感じられず、不安と自信のなさを抱えたまま次の企業へ向かうことになります。
これでは悪循環なのです。
ではどうするのか?

あなたに対する客観的な見方、意見を、専門家に聞いてみることをお勧めします。
次への対策を考えるのはそれからです!

信頼できる誰かに、聴いてもらいましょう。

こういうときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」がお役に立ちます。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。
http://www.careerbrain.jp/campaign.htm

【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
キャリア・カウンセリング お申込みメールの宛先はこちら


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

キャリアプラン


皆さん、こんにちは。「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の下枝三知与です。
夏バテは大丈夫ですか? お互いに気をつけましょう。

今日は、先日ある事業の一環で行われたグループカウンセリングでの話です。
20代~50代までの男女十数名、もちろん就職活動中の皆さん。

キャリアカウンセリングの研修講義も終盤となり、これからのキャリアプランを練る作業をします。
これはその人が「これからどういう就職活動をしていき、最終的にいつまでにどうなりたいか」を記入していくのです。もちろん各人、違うはずです。

ところが、皆さんの様子を見ていると(よくあることですが)、なかなか書き出せないようで、それとなく隣の人のシートをのぞいたり、話しかけたりということがあります。

そんな時必ず釘を刺す意味で、声をかけます!
「皆さん、自分の人生は自分だけのものですよ~」

大抵の人は、自分の将来を考えること「キャリアプランを考える」ことはやらされなければやらない。
自分から積極的にする人はとても少ないのです。

キャリアプランは仕事(職業)だけのことではありません。
人生の航海図、つまり人生という船を、自分がこれからどう操縦していくかということです。
「どういう人生を送っていきたいのか」これを基に考えていくのです。

生きていくためには仕事をして生活費を稼がねばなりません。何をして稼ぐのか? それは自分が決める。
そして年齢を重ねていくうちに家庭環境も変わります。どう変えていくのか? これも自分次第。
これが自分の人生の航海図です。

自分なりの人生を送っていくわけですから、方向転換も自分次第。その時期も自分次第です。

さて、あなたは人生の航海図「キャリアプラン」を考えて生きていますか?

信頼できる誰かに、聴いてもらいましょう。
こういうときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」がお役に立ちます。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。
http://www.careerbrain.jp/campaign.htm

【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
キャリア・カウンセリング お申込みメールの宛先はこちら


下枝 美千代下枝 美千代(しもえだ みちよ)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント
NPO/特定非営利活動法人
日本エイジング・アドバイザー協会 理事

講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24

カレンダー

<< 2017年 6月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

カテゴリ別アーカイブ

最新のコメント

月別アーカイブ