プロが教える親子就活成功のコツ

採用選考におけるAIの活用


皆さん、こんにちは。「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。就活の場面で従来にはなかった近年の新しい特徴として、採用選考でのAI(人工知能)の活用ということがあります。AI(人工知能)の進化は著しいものがあります。

例えば、囲碁や将棋の世界ではプロ棋士より強くなり、ビジネスの世界でも仕事の効率化、合理化等に様々な分野でAIの活用が期待されています。採用の場面では、既にエントリーシートや性格診断など書類選考の場面で用いられ始めています。合否を機械的にAIに判定させるのです。さらに踏み込んで、面接の場面でも用いることが可能な状況にまできています。

企業がAIを利用する一番のメリットは、客観性や公平性を高く保ち、短時間で判断できるという点です。蓄積したデータに基づいて判断がされるため、明確な要素に基づかない、例えば、外見上の第一印象など主観的判断が排除されて、効率的に事務処理をすることが可能なところです。

逆に、デメリットは、データに基づく判断のため、独自性や新しい発想などデータにない要素や価値観を持つ人を除外してしまう可能性がある点です。人間の多様で複雑な面を個別に判断するところまでは、現段階ではできていません。それでも、企業がAIを導入する理由は、応募者が多い場合、効率的、客観的に捌ける利点が大きいためです。限られた時間で大量に判断しなければならない負担を軽減し、時間が節約でき、マンパワーの不足を補う価値が有るからです。応募者の多い企業には有用な方策の一つです。エントリーシートの判断にAIが採用されているということは、従来のデータに基づき客観化された、一定の採用されている人間に共通する、求められている人材像が存在するということです。

逆に言えば、その求められている人材像の要素が表現できれば、書類選考は通過出来ると考えることができます。そうだとしても、AIを採用している企業でも、現段階ではあくまで補助的に利用し、最終的には、人の判断で決定しています。完全に機械に任せるところまではいっていません。費用対効果の点でまだ採用しない企業も多数です。ベースとなる判断材料として、どのようなデータを入れるのかは人に委ねられています。データそのものの正確性や確実性は不明確で、これから一緒に働く人として機械だけで判断するには怖さがあるからです。最後は人の判断によるのが現状です。ですので、企業がAIを採用選考に利用しているとしても何も恐れることはありません。客観性や公平性の点では歓迎すべきかもしれませんし、最終的には人の判断ですので、従来と特別に変わった対策が必要ということではありません。むしろ、現実的には、AIの導入とは無関係な、例えば、面接の場面そのものだけではなく、説明会や面接の控え室での態度など本来の選考以外の場での姿が見られています。選考に入ったらどこで見られているかわからないので、総合的な判断であることを忘れずに、最後まで気を抜かずに集中してください。

AIの選考が気になる人、自信を持って採用選考に臨みたい人は私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー(R)」の力を是非活用してください。まずは相談してみてください。また、大学1,2年生で何から始めて良いか分からない人には「親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活塾」をおすすめします。早めのスタートが鍵です。準備をしたものが勝ちます。経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー(R)」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。
・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。

<スカイプでも相談できます>
遠隔地の方、お忙しい方は、スカイプを使って、いつでもご相談できます。
料金:1時間 3,000円 (事前決済)
お申し込みは、info@cb-tokyo.co.jp まで



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
エイジング・アドバイザー®
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。


コメント(0) | トラックバック(0)

大事なことだけ絞ってやる


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー(R)」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。
今年も就職活動の本格的な時期に突入しました。直近の日銀の短観(全国企業短期経済観測調査)を見ても、現時点では日本経済全体の流れが良い方向を維持していると考えられます。就活においても希望が持てます。希望を持って頑張っていきましょう。
今年度のスケジュールをおおまかに確認にしておくと、経団連の指針に従えば、昨年同様、3月1日会社説明会解禁、6月1日選考開始(内々定)、の流れで10月1日正式内定です。
3月、4月は企業の個別説明会、合同説明会が多数開催されると同時に、エントリーシート、履歴書を提出する時期にもなります。さらに、筆記試験、面接と選考へ進んでいきます。これからの半年間、特に2月までの準備が勝負です。
昨年同様、企業によっては解禁日以前から選考を開始するところもあり、選考開始時期が全体的に前倒しの傾向は続くと予想されます。そのため、準備は早くしておくにこしたことはありません。
大学でも、3月の会社説明会に向けて、各種の就職ガイダンスや業界・企業研究セミナー、対策講座などが開催され、個別の就職相談など準備のための取り組みがあります。是非活用してください。
就活の準備をしていく中で注意すべきことは2つです。
まず、一つは時間の使い方です。時間は有限です。あれもやりたい、これもやりたい、やりたいことは無数にあると思います。やらなければならないこと、すべきことも多くあると思います。絞ってください。手を広げるほどエネルギーが分散していきます。焦りの原因にもなります。
優先順位をつけて上位の大事なことを見極めるようにしてください。絞った大事なことだけをやりましょう。
特に、情報収集、ネット検索、講座への参加など、手を広げるとキリがありません。
疲れ果てる原因の一つにもなります。自分にできるエネルギーを集中しましょう。
スケジュール管理に手帳やスマホを活用するのは有効な方法です。
2つ目は不安の軽減、解消です
これから立ち向かっていく先の見えない活動の中で、不安感が増大していくのは多くの学生さんに共通しています。不安な気持ちばかりに囚われて先に進めなくなるのを避けるため、何が不安なのかを紙に書き出してみると良いと思います。目に見える形で具体化するのです。
例えば、エントリーシートがうまく書けるかどうか不安だとします。具体的に、エントリーシートの何が不安なのか、志望動機が思い浮かばないのか、学生時代に力を入れたことに自信がないのか、
一歩踏み込んで検討します。
書けないのには理由と原因があるのです。原因が分かれば解決出来ます。
親、先生、友人に話してみるのも良い方法です。
自分ひとりで思うようにいかないとき、人の力を借りる方法があります。
うまくいかない原因を一緒に見つけ、具体化し、ともに解決策を考え、またその人の個性に合わせて修正出来るのが「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー(R)」です。
優先順位がよくわからない、不安を解消したい時は私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー(R)」の力を是非活用してください。もっと早く相談すればよかったと思うはずです。まずは相談してみてください。
また、大学1,2年生で何から始めて良いか分からない人には「親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活塾」をおすすめします。早めのスタートが鍵です。準備をしたものが勝ちます。
経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー(R)」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。
・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。

<スカイプでも相談できます>
遠隔地の方、お忙しい方は、スカイプを使って、いつでもご相談できます。
料金:1時間 3,000円 (事前決済)
お申し込みは、info@cb-tokyo.co.jp まで



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
エイジング・アドバイザー®
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。


コメント(0) | トラックバック(0)

アルバイトについて


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー®」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。
今回は採用選考との関係でアルバイトについて少し取り上げます。
大学生の生活費のうちアルバイト収入が占める割合がどのくらいかご存知でしょうか?全国大学生活共同組合連合会の生活実態調査アンケート(2016年10,11月実施、対象:全国の国公私立大学生1万155人)によれば、以下のようになっています
自宅生の場合、1ヶ月の収入合計の平均は、6万2,310円、うちアルバイト収入が3万5,770円、下宿生の場合、同、12万820円、仕送り7万610円、アルバイトの収入が2万7,120円となっています。アルバイトの収入は2001年以降の調査で最も高くなっています。
他に、奨学金や小遣いなどの名目での収入はあるものの、自宅生の総収入に占めるアルバイト収入の割合は約57%と半分を超え、下宿生でも総収入に占めるアルバイトの割合は約22%と比率の違いはありますが、大学生が生活費の一部をアルバイトで賄っている実態が確実にあります。
大学生の大部分が何かしらのアルバイトを経験しており、収入のうちの一定の割合をアルバイトが占めていることがわかります。そうであれば比重を占めるこの貴重な経験を就活に生かさない手はありません。もっとも、注意が必要です。
採用選考の初期段階でエントリーシートには、多くの企業で、学生生活で頑張ったこと、一番力を入れたこと、すなわちどのような学生生活を送っていたのかを書く欄があります。まず、ここに何を書くかが問題です。
特別な出来事や部活動などの経験がない場合は特に、アルバイトの経験について書く学生さんは多いと思います。
他方、採用担当者目線で考えてみます。採用担当者は限られた時間の中で、大量のエントリーシートに目を通さなければなりません。
エントリーシートに書かれた内容で、一次選考のふるいにかけます。その会社に合わない人を書類選考の段階で落とすことはもちろんですが、選考過程の一環で会ってみたいと思う学生さんを選び、面接でその学生さんに何を聞くかという観点からも、選別をしているものです。
ということは、面接官の心に響く、興味を持ってもらえる内容であれば目にとまりやすいということは言えます。
実際のエントリーシートには「アルバイトについて書いてください」とはどこにも書いていない場合が多いにも関わらず、アルバイトの内容が書き込まれて大量に届きます。採用担当者の本音として、「またアルバイトか?」という感想は正直あるところです。
誤解のないように申し上げておくと、アルバイトについて書いて悪いわけではありませんし、評価がされないわけではありません。ちゃんと評価はされます。
ですが、注意が必要なのはオーソドックスにアルバイトの経験をただ書いてもほかの学生さんと差がつきにくいということです。多くの学生さんが同様の内容を書くので人並みの評価で終わるということが予想されます。
例えば、飲食業でのリーダーや店長に近い経験など、一見、高く、評価されそうに思える経験でも、意外に高い評価が得られない場合もあります。同様の経験をしている人は実はたくさんいます。
例えば、どこでどのくらいの期間働いていたのかの継続性や、そこでの成功体験、失敗体験、そこからどのようなことを学んだのか、今後に生かせそうかという視点が大事になってきます。
決して特別な経験は求められていません。他方、なぜそのアルバイトをしようと思ったのか、その体験から何を学び、今後にどう生かしていけそうなのかを、自分の言葉で伝えられるようにしなければなりません。
アルバイトをしていない場合や、もし、書く事が難しい内容なら、アルバイトについて書くことはやめて、ほかの経験した出来事や題材で勝負する戦略は十分にありえます。
企業はあなたが自社にふさわしい人なのか、経験を通じてあなたがどんな人なのかを知りたいのです。社会人になると自由に使える時間が減るので、社会人に比べ時間のある学生時代にしかできないことを、今のうちにしか経験できないことを経験しておいて欲しいという見方もあります。
特に取り上げて書く事が思い当たらない人、どのように書いて良いかわからない人は、ぜひプロフェッショナル・キャリアカウンセラーにご相談ください。書き方や表現の仕方がわかれば大丈夫です。自信を持って選考に臨めます。
また、これから何かを始めたいと思っている人、何から手をつけていいかわからない人には
「親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活塾」をおすすめします。早めのスタートが鍵です。
経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー®」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。

<スカイプでも相談できます>
遠隔地の方、お忙しい方は、スカイプを使って、いつでもご相談できます。
料金:1時間 3,000円 (事前決済)
お申し込みは、info@cb-tokyo.co.jp まで



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
エイジング・アドバイザー®
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。


コメント(0) | トラックバック(0)

相手の要求に応える


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー®」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。
2018年春入社予定の採用選考活動が6月1日から正式解禁になり、面接の選考が一気に進んでいます。学生さんの相談に対応していても面接に関する質問が圧倒的に多くなっています。
面接では、志望動機、学生生活で頑張ったこと、自己PRなどが多くの企業で聞かれていますが、一方的に話すのではなく対話を意識してください。相手の話をしっかり聞いて、聞かれていることにしっかり答えること。
企業はあなたがどんな人なのかを知りたいのです。一部の仕事を除いて、特別な技能やスキルを求めているわけではありません。自己の経験に基づいた自分の価値、人柄を素直に伝えられるようにしてください。
面接で緊張するのは仕方ありません。緊張していても自分の良さを伝えられれば通ります。
面接の控え室でよく周囲を見てください。ほかの学生さんも緊張しています。ほかの人より自分の方が緊張していないかもしれません。緊張しているのは自
分だけではありません。
自分なりの緊張をほぐす方法を持っておくと良いですが、「緊張しても大丈夫。」と自分に暗示をかけて、面接の場で面接官に「緊張しています」と言ってしまうのも一つのやり方です。緊張を和らげてくれるような言葉をかけてもらえるケースもあります。その会話から本題に話がうまく流れれば落ち着いて話せるかもしれません。
ところで話は変わりますが、2018年4月にも、マイナビなどの就職情報企業20社が、大学生の履修履歴から学生を検索できるサービスを始めるそうです。
目的は、履修科目にプログラミングや人工知能(AI)などの科目を履修し、知識、スキルを有すると思われる学生を検索できるようにすることです。ターゲットを絞り、企業が応募の案内を効率的に行うことができる点にあるようです。
学業を重視する傾向は従来から見られていますが、判断基準として、大学で何を学んできて、何ができる学生なのかという点に着目している具体的な表れとも言えます。
就職情報会社がニーズのないサービスを新たに始めたりはしません。そこに企業のニーズがあるから始められるサービスだと考えられます。企業にとっては、履修科目により求めている学生の大まかな要件が確認できる点も合理的なのかもしれません。
企業が何を求めているのか?これは企業のみならず学生さんにとっても重要な視点です。
なぜそのことが求められているのか?相手の要求を見極めて中身を具体的に見ていくことは必要です。最終的に相手の要求に応えられれば希望が叶いやすくなります。
一方で、企業の採用数が増加してもそれは就職が易しくなっている事を意味しません。求められている質が具体的で要求水準が高くなっていたり、必要とされる仕事が限定的だったりするからです。
全般的に、少数精鋭の傾向があり、任される仕事の内容が濃密になり負担が増大しています。
企業研究をしっかりしてその企業が求めていることを理解し把握しましょう。
自分に合った企業に就職するために欠かせないことです。
どこに着目して良いかわからない人、迷いがある人は、ぜひ「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー®」にご相談ください。行動する人に道は開けます。
また、これから何かを始めたいと思っている人、何から手をつけていいかわからない人には「親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活塾」をおすすめします。早めのスタートが鍵です。
経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー®」による
「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。

<スカイプでも相談できます>
遠隔地の方、お忙しい方は、スカイプを使って、いつでもご相談できます。
料金:1時間 3,000円 (事前決済)
お申し込みは、info@cb-tokyo.co.jp まで



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
エイジング・アドバイザー®
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。


コメント(0) | トラックバック(0)

売り手市場の一方で


皆さん、こんにちは。
「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー®」の饗場俊行(あいばとしゆき)です。
2018年3月卒業予定の大学生、大学院生に対する民間企業の求人倍率(学生1人に対する求人数)は、推計で1.78倍だそうです。前年より0,04ポイント上昇したと、毎年調査を行っているリクルートフォールディングスから発表がありました(2017年4月末)。
民間企業への就職を希望する学生の数は42万3千人で昨年とそれほど変わっていませんが、求人の総数は、75万5千人もあり、業種別では建設業や流通業で上昇幅が多くなっています。数字上は6年連続の上昇で企業が意欲的に採用を増やそうとしていることが分かります。
日本全体の好況、人材不足を背景に単純に学生の売り手市場です。業界、業種にもよりますし程度の差こそありますが、全体的な状況は希望が強く持てる年で、選り好みをしなければ就職はできます。希望を持って自分を信じて頑張っていきましょう。
他方、入社3年で3割が辞めるという離職率に大きな変動はなく、実際のアンマッチ、ミスマッチは変わらないようです。例えば、2013年3月卒業者の2016年の離職率は、31,9%となっており、10人に3人が離職している事実があります(2016年厚生労働省の調査)。
事業所の規模で3年後の離職率を見てみますと、従業員数が1,000人以上で23.6% 、500~999人 29.2%、100~499人 31.9% 、30~99人 38.6% 、5~29人 49.9% 5人未満 59.0% となっており、事業所の規模が小さいほど離職率も高い傾向にあることがわかります。(2016年厚生労働省の調査)。
だからといって大企業が良くて、中小企業が悪いということでは全くありませんが、中身をよく見ていく必要があります。
そこで、より自分に合った企業に就職するために、就職してすぐにやめないためにどうしたらよいか。
企業が求めていることと自分が出来ること、自分自身の能力や性格、希望が自分に合った会社かどうか、その会社で継続して働いていけるか、冷静に見ていく必要があります。なぜその会社なのか?会社で何がしたいのか?将来どうしたいのか?もう一度よく考えてください。
たとえば、企業研究の際には、データ上の数字等の定量的な分析だけではなく、会社の社風、企業文化、風土、従業員の気質などの定性的な分析がさらに求められます。表に現れにくい部分や雰囲気のような定量的な評価になじまない部分が大事です。
企業の方も如何にしてすぐにやめない社員を採用するか、どうやって定着させるかに頭を悩ませ工夫を凝らしています。その結果、人物重視の採用、例えば、「メンタルの強い人」であるとか、「明るく元気で気分転換の上手な人」であるとか、学歴や成績、経験以外の要素も重視する企業も増えています。
特別なことは求められていない代わりに、当たり前のことが当たり前にできる資質の確認が実際に行われています。
準備としてできることといえば、早い時期であれば、インターンシップに積極的に参加をしてどのような会社なのかの理解を深めておくことや、OB.OGに接触して、話を聞いてみる。生の1次情報を得ておくことは考えられます。
会社説明会で積極的に質問する。特に、良い面ばかりでなく、大変な面や苦しい部分がないか、「本当はどうなのか」、本音を聞いてみる。
その会社で働いている人の生の声は参考になります。一緒に働きたいと思うかも大事です。
就職活動に有利な時だからこそ、油断することなく、抜かりなく詰めていく必要があります。親御さんの人生の先輩としての経験も必ず役に立ちます。
どうしたらよいかわからない人、不安がある人はぜひ「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー®」にご相談ください。人の力を借りたほうが一人よがりにならずにすみます。きっと相談して良かったと思えます。
また、これから何かを始めたいと思っている人、何から手をつけていいかわからない人には
「親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活塾」をおすすめします。早めのスタートが鍵です。

経験と実績、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー®」による「就活指導」は これまで 多大な成果を挙げてきています。

・・・・・詳しくは、親子就活/家族ぐるみで支援する 1年次から始める就活 ご参照ください。
http://www.careerbrain.jp/

迷ったときは、私たち「プロフェッショナル・キャリアカウンセラー」のキャリア・カウンセリングを受けることをお勧めします。

http://www.careerbrain.jp/campaign.htm
【親子就活カウンセリング/就活カウンセリング】には、父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。
【キャリア・カウンセリング/個人(キャリア)のご相談/初回お試しコーチング】
には、配偶者(予定者を含む)・父又は母、或いは保護者が同席することができます(但し1名迄。同席者は無料です)。

<スカイプでも相談できます>
遠隔地の方、お忙しい方は、スカイプを使って、いつでもご相談できます。
料金:1時間 3,000円 (事前決済)
お申し込みは、info@cb-tokyo.co.jp まで



>饗場 俊行饗場 俊行 (あいば としゆき)
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/
エイジング・アドバイザー®
株式会社 キャリア・ブレーン 就活支援事業部長

日系大手有名メーカー人事部で採用・教育担当、この経験を活かして、就活・教育コンサルタントとして独立。とくに「親子就活」実践指導に長年の実績。


コメント(0) | トラックバック(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25

カレンダー

<< 2018年 12月 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

カテゴリ別アーカイブ

最新のコメント

月別アーカイブ